西暦1900年代の偉人

【ハンフリー・ボガート】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:humphreybogart

今回は有名な「ハンフリー・ボガート」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ハンフリー・ボガート」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ハンフリー・ボガートとは

ハンフリー・ディフォレスト・ボガート(Humphrey DeForest Bogart, 1899年12月25日(翌年1月23日に出生届) - 1957年1月14日)は、ニューヨーク出身のハリウッド映画の俳優。愛称はボギー。

家庭が裕福だったこともあり、イェール大学へ進学するよう希望していたが、ボガートは高校を中退。1918年に海軍に入隊するも、3年後に除隊。やがてブルックリンの劇場で舞台に立ち、俳優の道を志す。1940年代 - 1950年代を代表する名優として、時代の象徴的存在に挙げられることが多い。1999年にAFIが発表した「映画スターベスト100」では男優の1位に輝いている。

参考:Wikipedia

ハンフリー・ボガートの名言集

世の中の問題は、みんな飲み足りていないことだ。

(最期の時、奥さんの腕に手を置いて)じゃあな

世界は酒三杯分遅れている。

タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない

スコッチからマティーニになど変えるべきじゃなかった

球場でのホットドックは、高級レストランのステーキよりうまい。スタンドで飲むビールは、ナイトクラブのシャンパンより喉がなる

まとめ

今回は「ハンフリー・ボガート」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ハンフリー・ボガート」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム