西暦1900年代の偉人

【ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:【教養を深める】ポール・ゴーギャンの壮絶な画家人生

今回は有名な「ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャンとは

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(フランス語:Eugène Henri Paul Gauguin フランス語発音:[øʒɛn ãʁi pol ɡoɡɛ̃],1848年6月7日 - 1903年5月8日)は、フランスのポスト印象派の画家。

姓はフランス語の発音に近い「ゴーガン」とも表記され、近年の美術展覧会などではこちらを採用する例も多い。

ポール・セザンヌに「中国の切り絵」と批評されるなど、同時代の画家たちからの受けは悪かったが、没後西洋と西洋絵画に深い問いを投げかけたゴーギャンの孤高の作品群は、次第に名声と尊敬を獲得していった。 
イギリスの作家サマセット・モームの代表作『月と六ペンス』(初刊は1919年出版)の主人公の画家のモデルとなった。 
2015年2月7日、『Nafea Faa Ipoipo(いつ結婚するの)』(1892年作)が、プライベートセールにかけられ、史上最高額となる3億ドル(およそ360億円)で落札された。

参考:Wikipedia

ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャンの名言集

ぜんぜん文明化されていない環境と、まったき孤独が、死の間際にいたり、私の内部で、最後の熱情のひらめきを復活させるのです。そしてその熱情こそ、私の想像力を、今いちど燃やし、私の才能を、最後の出口へと導いてくれるものなのです。

人生の長さは一秒にも満たない。その僅かな時間に永遠に向けての準備をしなければならないとは!

恋する女であれ。そうすれば幸せになれる。神秘的な女であれ。そうすれば幸せになれる。

木が青く見えるなら、青くすればいい。

見るために、私は目を閉じる。

自然をコピーしてはいけない。芸術は抽象的なものです。むしろ、自然の前で夢を見て、もっと創造的に考えることで、あなたの芸術が発揮されます。

我々はどこから来たのか?我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?

アート=個人主義の狂った探求。

芸術は、盗作であるか革命であるか、そのいずれかだ。

師匠についていこう!しかし、なぜ彼らに従わなければならないのでしょうか?彼らが師匠である唯一の理由は、彼らが誰にも従わなかったからです

(印象派について)彼らはもっぱらその装飾の結果のために、真実を妨害するように、自由なしで、色を使っています。彼らは目だけで物を見て、神秘的な思念を基にしていません。彼らは単に明日の公式画家です。

記憶を頼りに描く方が、自分の作品になりますからね。

熱帯の夜の静寂の中で、私が私の心からの囁きと柔軟な音楽を聞くことができます。

愚かさとは何か、自分で実験してみないとわからない。

覚めていて夢みることは、眠っていて夢みることとほとんど同じである。

自分の道をしっかりと歩みなさい。でも、あえて1日2時間はワイルドに。

私は、愛したいと思いながら、それができない。私は、愛すまいと思いながら、それができない。

あなたを取り巻くすべてのものに、魂の静けさと平和を呼吸させてください。

苦しい時には、自分よりもっと不幸な男がいたことを考えよ。

文明とは、麻痺状態のことだ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム