西暦1900年代の偉人

【ウォルト・ディズニー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:ディズニー裏話・雑学・トリビアが2,000話以上!ディズニーブログ 「じゃみログ」

今回は有名な「ウォルト・ディズニー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ウォルト・ディズニー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウォルト・ディズニーとは

ウォルト・ディズニー(Walt Disney, 1901年12月5日 - 1966年12月15日)は、アメリカ合衆国・イリノイ州シカゴに生まれたアニメーター、プロデューサー、映画監督、脚本家、漫画家、声優、実業家、エンターテイナー。本名はウォルター・イライアス・ディズニー (Walter Elias Disney)。世界的に有名なアニメーションキャラクター「ミッキーマウス」をはじめとするキャラクターの生みの親で、『ディズニーリゾート』の創立者であり、兄のロイ・O・ディズニーと共同で設立したウォルト・ディズニー・カンパニーは数々の倒産、失敗を繰り返すも、350億ドル以上の収入を持つ国際的な大企業に発展した。

参考:Wikipedia

ウォルト・ディズニーの名言集

笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。

お金のために働かない、そこにあなたは到達する。

あなたがやれる最善を尽くしたなら、心配したって事態は良くならない。私もいろいろなことを心配するが、ダムからあふれる水までは心配しない。

われわれの一番大きい資源は、子供の心である。

空想と現実は往々にして重なり合う。

もし清掃作業員が良いアイデアを持っていれば、私は彼のアイデアを採用する。私は権威をひけらかしはしない。普通の人たちの意見を大切にする。

逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい。

デザインして、クリエートして、世界で一番すばらしい場所を建てたとしても、夢を実現化させるのは人々なんだ。

好きなことだけにのめり込んではいけない。他の分野へチャレンジできなくなってしまうからだ。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは馬鹿げたことだ。

人生で経験したすべての逆境、トラブル、障害が私を強くしてくれた。

自分の無知に正直にならねばならない。そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる。

ものごとを見事にやることだよ。「もう一回それを見るためならお金だって払う」と言われるくらい見事にね。

夢見ることができれば、それは実現できる。

すべての笑いに対して、涙があるべきだ。

私は偉大なアーティストでも、偉大なアニメータでもない。私の周りには、いつも私より優れた技術を持った人たちが私の代わりに働いている。私の仕事は新しいことを考え出すアイデアマンだ。

不可能なことに取り組むのは、楽しいものだ。

夢をかなえる秘訣は、4つの「C」にまとめられる。それは、「好奇心」「自信」「勇気」そして「継続」である。

若者の多くは、自分たちに未来はない、やることなど残っていないと思っている。しかし、探検すべき道はまだたくさん残っている。

何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。

あなたが自分自身を好きになればなるほど、あなたは他の誰にも似ていなくなり、それがあなたを特別なものにするのです。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム