お笑い芸人 芸能人・タレント

【明石家 さんま】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「明石家 さんま」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「明石家 さんま」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

明石家 さんまとは

明石家 さんま(あかしや さんま、1955年〈昭和30年〉7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。

吉本興業所属。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。番組企画・構成等では本名名義でクレジットされることもある。和歌山県串本町生まれ、奈良県奈良市出身。

落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となり、高座名・笑福亭さんまとしてデビューするが、師匠の推薦でタレントに転向し、屋号を明石家に変えた。

1970年代後半から現在まで芸能界の第一線で活躍を続けている国民的お笑いスターの1人であり、ビートたけし・タモリと並び「お笑いBIG3」と称される。

参考:Wikipedia

明石家 さんまの名言集

やさしさを持った人は、それ以上の悲しみを持っている

落ち込みやすい体質とは感謝の足りない姿勢が原因

笑顔になるから、楽しい出来事が起こるようになる

人を好きなまま死にたい

嫌なまま、ダメなまま過ごす方が楽しいと考えろ。嫌なことを楽しいと思ったら、もうあとは何があっても平気やねん。俺はそうしてきた。地獄を見過ぎたから、若い時。

正解が一番つまらんのや

ずっとええことしてたから夢かなったんやて。

笑いが起これば嘘オッケー!ありがたいくらいや笑いさえ起こってくれれば。どんな嘘でも!

他人の力を利用したら芸能人として未来はない。

人間の限界ちゅうのがどんなもんかやってみようということで、わざと週に14本レギュラーやってた。

恋に勉強なんてないんや。勉強したつもりでも、新しい恋が始まって気が付いたらまた何にもわかってない自分がおる。それが恋ってもんや。

頑張った人だけが、落ち込むことができる。

彼女の過去は彼女の歴史なんやからそれを否定すな!

死ぬときに、わくわくしたい

人生は修行

泣くな、笑え

楽しい、辛いとか分けるからオカシなんねん

運使うのって怖い

俺たちは奇跡を生きてんねん。

落ち込まへん、それはお前らが過信しすぎや。自分がもっとできると思うから落ち込む。何があってもこんなもんやと思っているから落ち込まない。

次のページへ >

-お笑い芸人, 芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5