芸能人・タレント

【押尾 学】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「押尾 学」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「押尾 学」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

押尾 学とは

押尾 学(おしお まなぶ、1978年〈昭和53年〉5月6日 - )は、日本の元俳優、元歌手。研音、フリーランスを経て、後述の押尾学事件の発覚直前までエイベックス・マネジメントに所属していた。

東京都出身。公称身長184cm、体重78kg。元妻は女優の矢田亜希子。

“幼少期にアメリカで8年過ごしていた帰国子女のため英語が堪能”、“16歳から19歳まで日本の米軍キャンプでハードコアロックのライブ活動をやっていた”と自称するがその証明は未だ為されていない。一時期、活動の拠点をアメリカ合衆国に移していた。

ドラマに多数出演する一方で、バンド「LIV(リヴ)」のボーカル兼リーダーもつとめていた。所属事務所は研音だったが、フリー期間を経て、エイベックス・エンタテインメントに移籍していた。

2009年(平成21年)8月2日に六本木ヒルズの高層マンションの一室で、愛人の銀座ホステスと共に合成麻薬MDMAを服用。容態が急変したホステスを放置し、保身のため救急車も呼ばず死に至らしめた保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕。証拠隠滅を図り、死人に罪をなすりつけようとするなど悪質性が見られたため、懲役2年6月の実刑判決を受けた。

参考:Wikipedia

押尾 学の名言集

あしたのジョーは燃え尽きた。俺は燃え尽きない、太陽みたいに

押尾学の「学」は、俺が何かを「学」ぶんじゃなくて、お前らが俺から「学」ぶってことなんだ

酔うのは、女とアルコールなり。なんちゃてね

俺はカート・コバーンの生まれ変わり

勲章なんてつけないぜ。だって俺が勲章みたいなもんでしょ

カート(コバーン)が生きていたら俺に嫉妬しただろうか

俺には愛という言葉の意味が分からない

人生に必要なものは3つある。愛と友情だ

ハートで勝負するなら、俺の生き方はロイヤルストレートフラッシュ

俺を最初に追いかけたのは俺の影

信じる、信じないの次元じゃダメだ、本気な時はそんなことを考える暇なんてない

こんな世界はくそったれだ。だから、俺のクソは黄金なんだ

革命に憧れる。もちろん音楽での革命

街を歩くと女はみんな俺を見ている

もしインフルエンザが女だったら、俺をほっとかないだろうな

俺はアイドルキラー、押尾学

ヒーロー不在のこんな時代だから、俺への負担も自然とデカクなる

虎舞竜なら13章かかるところも、俺なら2小節だから。

最高の俺は他人は当然、俺自身も越えられない

生まれて初めて発した言葉は『ロックイズデッド』

次のページへ >

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5