カテゴリー別で記事を検索

【ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンとは

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven、1770年12月16日頃- 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト。音楽史上極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされ、後世の音楽家たちに多大な影響を与えた。

ホモフォニー全盛であった当時においてバッハの遺産、対位法つまりポリフォニーを研究した。変奏曲やフーガはここに究められた。これにより晩年の弦楽四重奏曲、ピアノソナタ、『ミサ・ソレムニス』、『ディアベリ変奏曲』、交響曲第9番などの後期の代表作が作られた。交響曲第9番では第2楽章にスケルツォ、第3楽章に緩徐楽章と通常の交響曲の楽章と入れ替えが行われ、さらに第4楽章では独唱・合唱を含む声楽を用い、それまでにない画期的な交響曲を作曲している。

参考:Wikipedia

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの名言集

苦悩を突き抜ければ、歓喜に至る。

はした金など求めず、星を求める生活をしなさい。

25歳。それは男のすべてが決まる年だ。悔いを残してはいけない。

人間が人間に対し卑屈になる。僕はそれが苦痛なのだ。

音楽とは、男の心から炎を打ち出すものでなければならない。そして女の目から涙を引き出すものでなければならない。

神がもし、世界でもっとも不幸な人生を私に用意していたとしても、私は運命に立ち向かう。

この地上では成すべき事がとても多い…急げ!

勇気は汝を正しい道に導く。

行為の動機を重んじ、帰着する結果を思うな。報酬への期待を、好意の契機とする者になるな。

これはあなたのために書いたのではありません。後世のために書いたのです。

一杯のコーヒーはインスピレーションを与え、一杯のブランデーは苦悩を取り除く。

もしも美しいまつげの下に、涙がふくらみたまるならば、それがあふれ出ないように、強い勇気をもってこらえよ。

人間はまじめに生きている限り、必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。しかし、それを自分の運命として受け止め、辛抱強く我慢し、さらに積極的に力強くその運命と戦えば、いつかは必ず勝利するものである。

今、運命が私をつかむ。やるならやってみよ運命よ!我々は自らを支配していない。始めから決定されてあることは、そうなる他はない。さあ、そうなるがよい!そして私に出来ることは何か?運命以上のものになることだ!

静寂と自由は、最大の財宝である。

私は何度も絶望し、もう少しで自殺するところだった。だが、彼女が… 芸術が… 引き止めてくれた。私は、自分に課せられていると思っている創造を全てやり遂げずに、この世を去るにはいかないのだ。

おまえは、もう自分のための人間ではありえない。ただ、他人のための人間でしかありえない。

出来る限り善を行い、何者にもまして自由を愛し、王座のもとであろうとも、断じて真理を裏切るまい。

希望よ、お前は心を鉄に鍛える。

私の青春は、今始まったのだ。