オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク 偉人

【オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルクとは

オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン(独: Otto Eduard Leopold von Bismarck-Schönhausen, 1865年からビスマルク=シェーンハウゼン伯爵(独: Graf von Bismarck-Schönhausen),1871年からビスマルク侯爵(独: Fürst von Bismarck), 1890年からラウエンブルク公爵(独: Herzog zu Lauenburg)、1815年4月1日 - 1898年7月30日)は、プロイセン及びドイツの政治家、貴族。プロイセン王国首相(在職1862年-1890年)、北ドイツ連邦首相(在職1867年-1871年)、ドイツ帝国首相(在職1871年-1890年)を歴任した。ドイツ統一の中心人物であり、「鉄血宰相(独: Eiserne Kanzler)」の異名を持つ。

参考:Wikipedia

オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルクの名言集

「原則としては賛成だ」と人がいう時、その人間はそれを実行しようする意思を微塵も持ってはいない

歴史が証明する所に拠ると、逃した機会は二度と戻らない

現下の大問題は言論や多数決によってではなく、鉄と血によって解決される

青年に勧めたいことは、ただ3語に尽きる。すなわち「働け、もっと働け、あくまで働け」だ

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ

われわれは愛と好意にはたやすくまるめこまれる。おそらくはあまりにたやすく。しかし脅しによってまるめこまれることは絶対にない

絶対主義が第一に支配する者に求めることは公平さ、誠実さ、義務感の強さ、精力的な活動、謙遜の心を持つことである

人が決まってウソをつくとき。それは狩りの後、戦争の最中、そして選挙の前

名誉と独立を好む国民はすべて、自国の平和と安全は自分自身の剣によることを意識すべきである

的確な弾丸よりも鋭い弁舌のほうが強い

わたしの立場にあっては我意を通すことは場合によってはまさに犯罪行為である。責任のない立場にあれば、そんな贅沢も許されようが

政治とは、可能性の芸術である

我々は愛と好意にはた易く丸め込まれる。おそらくはあまりにた易く。しかし脅しによって丸め込まれることは絶対にない

原則にしがみつくのは、それを実地に試してみない間だけのことです

勝利に終わる戦争と言えども、常に一つの悪であると私は考える。政治は民衆をそれから守る努力をしなければならぬ

礼を欠いてはならない。文章は外交的なものとすべきである。宣戦布告の際であっても礼儀は守るべきである。

肝心なのは、我々が歴史を作るのだ。書くのではない。

法律はソーセージのようなものだ。 それらが作られているのを見ない方が良い。

世界を騙したいのであれば真実を話せ。

政治は精密科学ではない。

次のページへ >

-オットー・エドゥアルト・レオポルト・フォン・ビスマルク, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5