ジェームズ・バイロン・ディーン 偉人

【ジェームズ・バイロン・ディーン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ジェームズ・バイロン・ディーン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジェームズ・バイロン・ディーン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジェームズ・バイロン・ディーンとは

ジェームズ・バイロン・ディーン(James Byron Dean、1931年2月8日 - 1955年9月30日)は、アメリカの俳優。インディアナ州マリオンで生まれる。

1955年に『エデンの東』のキャル・トラスク役で初めて主役を演じて認められた。彼はこの役でアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた。この後、続けざまにその年の『理由なき反抗』で主役を、『ジャイアンツ』で準主役を演じ、またもやアカデミー賞にノミネートされることになる。

ジェームズは特に『理由なき反抗』の演技で1950年代の若者の鬱屈や反抗を端的に表現した。芸歴はたったの4年間、主演俳優になって半年足らずという短いキャリアと突然の死、大規模な公開葬儀がジェームズを時代を超えた青春の象徴とした。現在でも多大な影響力とずば抜けた演技力でハリウッドを代表する俳優である。

参考:Wikipedia

ジェームズ・バイロン・ディーンの名言集

ありのままの自分になろうとして、いつもやっていることやしたいことだけをする。その途端、君は変わり者のレッテルを貼られるだろう。

わたしの人生の目標に、魅力的な社交界へのあこがれはない。

死は考慮しない。死ぬことを恐れたら、人生において何かを発見する余地はないからだ。

レースは自分が完全になったと感じることのできる唯一の瞬間だ。

信頼と信念、この二つは考慮すべき最も重要なものだ。君は決して意固地になってはいけない。

俳優は、その演技によってのみ評価されるべきだ。

俳優が監督から言われた通りに演じたとしても、それは演技ではない。指示に従っているだけだ。そんなものは見た目さえ適切ならば誰にでもできる。監督の仕事とは指揮すること、つまり方向性を示すこと。そこから先は俳優の仕事になる。俳優には演技の中で自分自身を表現できる自由、そんな空間が必要なんだ。その空間がなければ、俳優は胸にプッシュボタンをぶら下げた考えることのできないロボットと何もかわらない。

満足感は結果にではなく、過程にこそある。

永遠に生きるつもりで夢を抱け。

今日死ぬつもりで生きろ。

自分がどんなやつか本当に知らないんだ。でもそんなことは問題じゃない。

思うがままに生き、若く死に、亡骸は美しいままに。

優しさこそ、ほんとうの強さだ。

俳優であるということは、世界で最も孤独なことだ。独りきりで集中し、創造力を働かせる。それ以外にないのだから。

いい役者になるのは簡単じゃない。一人前の男になるのはもっと難しい。終わりが来る前に僕はその両方でありたい。

生と死のはざまを埋めることができたら、つまり死んだ後も生き続けることができるなら、その人は偉大な人間だったといえるだろう。

人間にとっての唯一の偉大さは、不死だ。

牛や豚、鶏を研究することは、俳優にとって芸の肥やしになる。動物たちから学んだことはたくさんある。

わたしも自然に親しむようになり、そして今、この世界に授けられた美しさを認識することができるようになった。

演技をインチ(身長)で評価できるわけないだろう?

次のページへ >

-ジェームズ・バイロン・ディーン, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5