ラルフ・ウォルドー・エマーソン 偉人

【ラルフ・ウォルドー・エマーソン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ラルフ・ウォルドー・エマーソン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ラルフ・ウォルドー・エマーソン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ラルフ・ウォルドー・エマーソンとは

ラルフ・ウォルドー・エマーソン(Ralph Waldo Emerson 、1803年5月25日- 1882年4月27日)は、アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家、詩人、エッセイスト。無教会主義の先導者。

アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに生まれる。18歳でハーバード大学を卒業し21歳までボストンで教鞭をとる。その後ハーバード神学校に入学し、伝道資格を取得し、牧師になる。自由信仰のため教会を追われ渡欧、ワーズワース、カーライルらと交わる。帰国後は個人主義を唱え、米文化の独自性を主張した。

エマーソンは次第に当時の宗教的社会的信念から離れ、1836年の評論'Nature'において、超越主義哲学を世に打ち出した。続いて草分け的な仕事として1837年に'The American Scholar'と題した演説を行い、オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアは、アメリカの「知的独立宣言」であると評した。

参考:Wikipedia

ラルフ・ウォルドー・エマーソンの名言集

自分で何とかするしかないと悟った時から、人の成長は始まる。

あなたが生きたことによって、息苦しさが和らいだ人生を、たったひとつでも知ること。これが」成功した」ということなのだ。

あらゆる借金の中で人々は税金を一番払いたがらない。これは政府に対するなんという諷刺であろうか。

偉大であるということは、誤解されるということだ。

恐怖は常に、無知から生まれる。知識は恐怖の解毒剤である。

雑草とは何か。雑草とは、その美点がまだ発見されていない植物のことである。

教育の秘訣は、生徒を尊敬することにある。小中学校や大学で教える事柄は、教育ではなく教育の手段である。

人生の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。自分自身の中に、それを左右するカギがある。

自分に自信を失うと、世界中が自分に敵対する。まるで惑い歩く自分自身を、叱ってくれと言わんばかりに。

自分に何ができるかは、自分以外の者には分からない。いや、自分でもやってみるまではわからないものだ。

芸術家は、自分の芸術の犠牲にならなければならない。ミツバチが針の一刺しに自分の生命をかけるように。芸術家もそうでなければならない。

誰かを心から助けると、かならず自分自身も助けられている。これは人生でもっとも美しいお返しである。

人を愛しなさい。そうすればあなたも愛されるのです。愛というものは、方程式の両辺のように、つり合っているのですから。

幸福は香水のごときものである。人に振りかけると、自分にも必ずかかる。

行動に際して、あまりに臆病になったり、神経質になることがないように。すべての人生が実験なのだ。実験すればするほどうまくいくようになる。

どんな人間でも、何かの点で私よりも優れている。私の学ぶべきものを持っているという点で。

常に自分の恐れることをなせ。

豊かな心がなければ、富は醜い物乞いでしかない。

人を信頼しなさい。そうすれば人はあなたに正直になるだろう。素晴らしい人物として接しなさい。そうすれば素晴らしさを示してくれるだろう。

質問にたどり着いたなら、答えはすぐそこだ。

次のページへ >

-ラルフ・ウォルドー・エマーソン, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5