ヴォルテール 偉人

【ヴォルテール】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ヴォルテール」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ヴォルテール」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ヴォルテールとは

ヴォルテール(Voltaire)こと、本名フランソワ=マリー・アルエ(François-Marie Arouet、1694年11月21日 - 1778年5月30日)は、フランスの哲学者、文学者、歴史家である。歴史的には、イギリスの哲学者であるジョン・ロックなどとともに啓蒙主義を代表する人物とされる。また、ドゥニ・ディドロやジャン・ル・ロン・ダランベールなどとともに百科全書派の学者の一人として活躍した。ボルテールと表記されることもある。

パリの公証人の子。姓は“アルーエ”とも表記される。Voltaireという名はペンネームのようなもので、彼の名のArouetをラテン語表記した"AROVET LI" のアナグラムの一種、「ヴォロンテール」(意地っぱり)という小さい頃からの渾名をもじった等、諸説ある。

参考:Wikipedia

ヴォルテールの名言集

人を退屈させる秘訣はすべてを語ることである

何はともあれ我々は我々の畑を耕さなければなりません

自由であろうと望んだ瞬間に人は自由となる

うまいしゃれはしゃれるつもりがない時に生まれる。同様に我々が心を動かされるのはその人にこちらの心を動かそうというつもりがまったくない時である

寛容とは何か それは人間愛の所有である 我々はすべて弱さと過ちから作られているのだ 我々の愚かさを許し合おう これが自然の第一の掟である

もし神が存在しないなら神をつくり出さなくてはならない

虻が刺したくらいでは威勢よく走っている馬をとめることはできない

偏見は判断を持たない意見である

ひとたび金の問題になると誰もかれも同じ宗派になる

歴史は自由な国においてのみ真実に書かれうる

船が入港するまで待つな。船に向かって泳げ

食事もほどほどにしておかないとコックも毒を盛る人になってしまう

ヴェネツィアの統領には彼の悲しみがありゴンドラ乗りには彼らの悲しみがある

慎重な人は自分のために良いことをなし 徳のある人は人のために良いことをなす

運命は我々を導きかつまた我々を翻弄する

長いこと論争している場合はたいてい彼らは何を論じ合っているのか彼ら自身分からなくなっている証拠である

神は現世におけるいろいろな心配事の償いとしてわれわれに希望と睡眠を与えた

数の威力はそれが理解できなければできないだけいっそう恐れられる

真実を愛せ ただし過ちは許せ

もし神がイメージどおりに我々をお創りになったのならきっと神にそのお返しをしているのであろう

次のページへ >

-ヴォルテール, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5