西暦1600年代の偉人

【ルネ・デカルト】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ルネ・デカルト」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ルネ・デカルト」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ルネ・デカルトとは

ルネ・デカルト(仏: René Descartes、1596年3月31日 - 1650年2月11日)は、フランス生まれの哲学者、数学者。合理主義哲学の祖であり、近世哲学の祖として知られる。

考える主体としての自己(精神)とその存在を定式化した「我思う、ゆえに我あり」は哲学史上で最も有名な命題の一つである。そしてこの命題は、当時の保守的思想であったスコラ哲学の教えであるところの「信仰」による真理の獲得ではなく、人間の持つ「自然の光(理性)」を用いて真理を探求していこうとする近代哲学の出発点を簡潔に表現している。デカルトが「近代哲学の父」と称される所以である。

初めて哲学書として出版した著作『方法序説』(1637年)において、冒頭が「良識 (bon sens) はこの世で最も公平に配分されているものである」という文で始まるため、思想の領域における人権宣言にも比される。

参考:Wikipedia

ルネ・デカルトの名言集

秀でたる知性を有するだけでは十分ではない。大切なのは、それをうまく活用することである。

賛成の数が多いからと言って、何一つ価値のある証拠にはならない。

あなたが真実を探求したいのならすべてのことを少なくとも一度は、疑ってみる必要があります。

一日一日を大切にしなさい。毎日のわずかな差が、人生にとって大きな差となって現れるのですから。

この世で最上の善とは何か。それは「健康」です。健康はあらゆる善の基礎となります。

良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである。

経験というものは、人が知識において進めば進むほど、それの必要を感じさせるものである。

一度でも人を騙せば二度とその人から信用されることはありません。

難問は、それを解くのに適切かつ必要なところまで分割せよ。

行為すること、これが存在することである。

まとめ

今回は「ルネ・デカルト」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ルネ・デカルト」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1600年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5