西暦1900年代の偉人

【ニール・オールデン・アームストロング】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ニール・オールデン・アームストロング」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ニール・オールデン・アームストロング」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ニール・オールデン・アームストロングとは

ニール・オールデン・アームストロング(Neil Alden Armstrong, 1930年8月5日 - 2012年8月25日)は、アメリカ合衆国の海軍飛行士、テスト・パイロット、宇宙飛行士、大学教授。人類で初めて月面に降り立った人物である。大統領自由勲章(1969年)、議会宇宙名誉勲章(1978年)、議会名誉黄金勲章(2009年)受章。

最初の宇宙飛行は1966年のジェミニ8号で、ニールは機長を務め、デヴィッド・スコット操縦士とともにアメリカ初の有人宇宙船でのドッキングを行なった。2回目の宇宙飛行は1969年7月16日に打ち上げられたアポロ11号で、この時も機長を務め、バズ・オルドリン飛行士とともに2時間30分にわたって月面を探索した。

参考:Wikipedia

ニール・オールデン・アームストロングの名言集

人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては偉大な一歩だ

(帰って来れないことを知っていても、飛び出そうという人もいますが)その人は子供なんでしょう。大人じゃない。

わたしは、鼓動の1回たりとも、無駄に費やすつもりはない。

人生は短い。

無駄にする時間はない!

その1分、1時間、1日が貴重な宝である。

愛する人や愛するものたちに最後の別れを告げる時間がある人もいれば、何の準備もできず、「さよなら」を言う時間もないままに、突然、命を落としてしまう人もいる。だから自分の時間を無駄にしないこと。

精一杯人生を満喫しよう。

一瞬一瞬―心臓の鼓動のひとつひとつ―を大切にしよう。

ヒューストン。こちら静かの基地。鷲は舞い降りた。

まとめ

今回は「ニール・オールデン・アームストロング」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ニール・オールデン・アームストロング」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5