西暦1900年代の偉人

【野口英世】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「野口英世」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「野口英世」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

野口英世とは

野口 英世(のぐち ひでよ、1876年(明治9年)11月9日[1] - 1928年(昭和3年)5月21日)は、日本の医師、細菌学者。栄典は、正五位・勲二等旭日重光章。学位は医学博士(京都大学)、理学博士(東京大学)。称号はブラウン大学名誉理学博士、イェール大学名誉理学博士、パリ大学名誉医学博士、サン・マルコス大学名誉教授・名誉医学博士、エクアドル共和国陸軍名誉軍医監・名誉大佐。キリスト者。

主に細菌学の研究に従事し、黄熱病や梅毒の研究で知られる。数々の論文を発表し、ノーベル生理学・医学賞の授賞候補に三度名前が挙がったが、黄熱病の研究中に自身も罹患し、1928年(昭和3年)5月21日、英領ゴールド・コースト(現在のガーナ共和国)のアクラで51歳で死去。

参考:Wikipedia

野口英世の名言

この世界には、人間の頭数と同様に、仕事は沢山あるはずである。

人の一生の幸も災いも、自分から作るもの。

忍耐は苦い。しかし、その実は甘い。

自分のやりたいことを一所懸命にやり、それで人を助けることができれば幸せだ。

変えられるものが二つある。それは自分と未来だ。

一番肝心なのはあきらめないということだ。

失敗したらまた、がんばればいいんだ。生きている限り何度でも。それが人間の特権だ。

正直であることが最高の手段だ。

どん底だからこそはい上がることができるんだ。

成功の秘訣は目的・正直・忍耐である。

まとめ

今回は「野口英世」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「野口英世」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5