フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ 偉人

【フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェとは

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(独: Friedrich Wilhelm Nietzsche, 1844年10月15日 - 1900年8月25日)は、ドイツ連邦・プロイセン王国出身の哲学者、古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られる。

古典文献学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュル(英語版、ドイツ語版)に才能を見出され、スイスのバーゼル大学古典文献学教授となって以降はプロイセン国籍を離脱して無国籍者であった。辞職した後は在野の哲学者として一生を過ごした。随所にアフォリズムを用いた、巧みな散文的表現による試みには、文学的価値も認められる。

参考:Wikipedia

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェの名言集

「なぜ生きるか」を知っている者は、ほとんど、あらゆる「いかに生きるか」に耐えるのだ。

いつか空の飛び方を知りたいと思っている者は、まず立ちあがり、歩き、走り、登り、踊ることを学ばなければならない。その過程を飛ばして、飛ぶことはできないのだ。

樹木にとって最も大切なものは何かと問うたら、それは果実だと誰もが答えるだろう。しかし実際には種なのだ。

過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える。

毎日少なくとも一回、何か小さなことを断念しなければ、毎日は下手に使われ、翌日も駄目になるおそれがある。

世界には、きみ以外には誰も歩むことのできない唯一の道がある。その道はどこに行き着くのか、と問うてはならない。ひたすら進め。

あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。

軽蔑すべき者を敵として選ぶな。汝の敵について誇りを感じなければならない。

世論と共に考えるような人は、自分で目隠しをし、自分で耳に栓をしているのである。

高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。

忘却はよりよき前進を生む。

ある程度までのところ、所有が人間をいっそう独立的に自由にするが、一段と進むと所有が主人となり、所有者が奴隷となる。

一日一日を始める最良の方法は、目覚めの際に、今日は少なくとも一人の人間に、一つの喜びを与えることができないだろうかと、考えることである。

あなたにとってもっとも人間的なこと。それは、誰にも恥ずかしい思いをさせないことである。

悪とは何か?弱さから生じるすべてのものである。

私はあなたに助言する。友よ、人を懲らしめたいという強い衝動を持つ者を信用するな!

君の魂の中にある英雄を放棄してはならぬ。

心の中に未来にふさわしいビジョンを描け。自分を過去の末裔であるという迷信を忘れるんだ。あの未来の生を思い巡らせば、工夫し、発明すべきものが限りなくある。

昼の光に、夜の闇の深さが分かるものか。

いい手本を示そうとする者は、自分の徳に微量の馬鹿げたところを添えなくてはならぬ。すると人は見習って、同時にその模範を眼下に見下ろす。これが人々の好むところである。

次のページへ >

-フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5