マーティン・ルーサー・キング・ジュニア 偉人

【マーティン・ルーサー・キング・ジュニア】の名言集|名言まとめドットコム

人間はだれでも、創造的な利他主義という光の道を歩むのか、それとも破壊的な利己主義という闇の道を歩むのか決断しなければならない。

幸せを探そうとしない人は、もっとも確実に幸せを見つけるようです。なぜなら、幸せを探す人は、幸せになるもっとも確実な方法を忘れているからです。それは、他人の幸せを探すということです。

人は「発言する」ことにのみならず、「発言しない」ということにも責任を持たなければならない。

暴力は憎しみを増すだけである。憎しみはそのまま残る。暴力に対して暴力を持って報いれば、暴力は増加するだけである。

人の真価がわかるのは、喜びに包まれている瞬間ではなく、試練や矛盾に立ち向かうときに示す態度である。

結局、我々は敵の言葉ではなく友人の沈黙を覚えているものなのだ。

地獄の一番熱い場所は、重大な倫理上の争いの中にあって中立の立場をとり続ける人間のために用意されている。

悪を仕方ないと受け入れる人は、悪の一部となる。悪に抵抗しない人は、実は悪に協力しているのだ。

人生で最も永続的でしかも緊急の問いかけは、「他人のために、いまあなたは何をしているか」である。

科学の力が、私たちの精神的な力をしのいでいる。私たちはミサイルを正しく撃つことはできても、人間を正しく導くことはできないのです。

人は、個人的な狭い関心事を越え、人類全体に関わる広い関心事に向かうようになって初めて本当の人生を歩み始めるのである。

黙って服従することは、しばしば安易な道ではあるが、決して道徳的な道ではないのだ。それは臆病者の道なのだ。

長い階段をのぼる時、その階段の全てが見えてなくても良いのです。大事なのは目の前にある一段をのぼることです。

これがわれわれの希望である。この信念を抱いて、私は南部へ戻って行く。

真のリーダーとは、合意を探す者ではなく、合意の形成者となる者である。

どこにおける不正であっても、あらゆるところの公正への脅威となる。

最後には、我々は敵の言葉など思い出すことはない。思い出すのは友人の沈黙である。

人のために何かをすることで、誰もが素晴らしい人になれます。

すべての進歩は不安定であり、一つの問題を解決しても、我々はまた他の問題に直面することになる。

正しいことをするとき、頃合いを見る必要はないのです。

次のページへ >

-マーティン・ルーサー・キング・ジュニア, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5