トーマス・アルバ・エジソン 偉人

【トーマス・アルバ・エジソン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「トーマス・アルバ・エジソン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「トーマス・アルバ・エジソン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

トーマス・アルバ・エジソンとは

トーマス・アルバ・エジソン(英: Thomas Alva Edison、1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、アメリカ合衆国の発明家、起業家。スポンサーのJPモルガン、秘書のサミュエル・インサル、そしてメロン財閥と、アメリカの電力系統を寡占した。

傑出した発明家として知られ、生涯におよそ1,300もの発明と技術革新を行った人物である。たとえば蓄音器、白熱電球、活動写真である。エジソンはJ・Pモルガンから巨額の出資・援助をしてもらい、Edison General Electric Company(エジソン・ゼネラル・エレクトリック、現・ゼネラル・エレクトリック=GE)を設立した。GEは電球などの家電だけでなく、発電から送電までを含む電力系統の事業化に成功した。エジソンは合計14の会社を設立している。

参考:Wikipedia

トーマス・アルバ・エジソンの名言集

私は失敗したことがない。ただ、一万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ。

待っていれば全てがやってくる。ただし、懸命に努力しながら待っていればの話だけどね。

人はどれだけ失敗しなかったかで記憶されるのではない。どれだけ成功したかで記憶されるのだ。全ての過ちは次に前に進むための糧となる。

電球は1,000の段階を経て発明された。1,000回失敗したのではない。

私たちの最大の弱点は諦めることだ。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一度だけ試してみることだ。

もし我々ができることを全て行ったならば、我々は自分自身に驚くことになるだろう。

多くの人たちの問題点は、なにかを始める前に諦めてしまうことだ。

人生における失敗の多くは、人々がどれだけ成功に近づいたのかを認識せずに諦めてしまうことによる。

どんなことにも、もっと良い方法がある。それを見つけなさい。

成功できる人っていうのは、「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」という前提を持って挑戦している。

私は実験において失敗など一度たりともしていない。これでは電球は光らないという発見をいままでに、2万回してきたのだ。私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。なにをやっても楽しくてたまらないから。

私のアイデアの多くは他人から得たものだ。そしてそれらのアイデアを発展させようなどと、彼らは考えもしなかった。

ビジョンを持つだけでは十分ではない。実行の伴わないビジョンは妄想だ。

ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行き着き、そこでやる気をなくしてしまう。いよいよこれからだというのに・・・

成功者とは、どんな不幸にも屈せず、逆境を有利な状況へ転化する術を心得ている。

人間離れした天才だって?人間離れなどしていない。私はあきらめないことの天才なのだ。

現在の教育の問題点は考え方に融通性を持たせないことだ。頭脳を型にはめ込んでしまい、子供たちはそれを受け入れるべきだとされている。子供たちに独自の考えや推論を促すことはなく、観察よりも記憶に主眼が置かれている。

私は決して落ち込んだりしない。うまくいかない方法を一つ捨てるだびに、また前進しているのだから。

最初のひらめきが良くなければ、いくら努力してもダメだ。唯努力だけという人はエネルギーを無駄にしているにすぎない。

人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる。

次のページへ >

-トーマス・アルバ・エジソン, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5