芸能人・タレント

【吉沢 亮】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:アミューズWEBサイト

今回は有名な「吉沢 亮」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「吉沢 亮」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

吉沢 亮とは

1994年〈平成6年〉2月1日生まれ、東京都出身。日本の俳優。
2009年、母が応募した『アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン』で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
2010年、舞台『BLACK PEARL』にて、ラム役で舞台初出演し、俳優デビューした。
2017年、映画『銀魂』で沖田総悟役に抜擢された。公表されたキャラクタービジュアルは原作の設定に近く、原作ファンからも支持を得た。
2018年、映画『リバーズ・エッジ』で山田一郎役に抜擢される。作品は第68回ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に出品され、行定勲監督、二階堂ふみとともにレッドカーペットに登場する。作品は国際映画批評家連盟賞を受賞した。映画『ママレード・ボーイ』や『あのコの、トリコ。』でも主演を務め、5社からCMに起用されている。
2020年、エランドール賞新人賞を受賞し、 2019年公開の映画『キングダム』で秦王・嬴政と漂の一人二役の演技が評価され、第62回ブルーリボン賞で助演男優賞を、第43回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞した。
2021年、『青天を衝け』にて渋沢栄一役で、大河ドラマ初出演・初主演を務める。また、平成生まれ初の大河ドラマ主演俳優となった。

参考:Wikipedia

吉沢 亮の名言集

僕めちゃめちゃ楽したい人間です

戦意を絶つな!勝利は目前だ!

剣が折れても、腕を無くしてもを流し尽くしても耐え凌げ!

仮面ライダーがすごい好きだったんで

僕、顔しかイケてないですから

24時間吉沢亮なので 飽きますよね、この顔にも

嫌いなことはしたくない。好きなことだけをしていたい

油断するとカッコよくなる吉沢亮

軽い気持ちで容姿いじるなら吉沢亮になれ

生きて動く美しき彫刻

野菜が無能すぎる

イケメンは遺伝子

俺も黙ってやられるわけにはいかない。

いつでも胸に吉沢亮

僕のエロも止まらない

俺頑張る、大河頑張る。

大変なこといっぱいあるだろうけど俺も大変なこといっぱいあるから。

仕事はリベンジしたいことばっかりですよ。

実は後悔のなかった現場なんていまのところないんです。

自分の“素”が出る瞬間は家で一人でお酒を飲んでいる時

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム