海外の芸能人・タレント

【メリル ストリープ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Meryl Streep Page ©

今回は有名な「メリル ストリープ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「メリル ストリープ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

メリル ストリープとは

1949年6月22日、ニュージャージー州サミット出身。アメリカ合衆国の女優。
イェールを卒業後、1975年にニューヨークに移り住む。パブリック・シアターのレパートリー作品に出演。舞台俳優としてキャリアをスタートさせる。
1977年、フレッド・ジンネマン監督の『ジュリア』で映画デビュー。
1979年公開の『クレイマー、クレイマー』でアカデミー助演女優賞を、1982年公開の『ソフィーの選択』でアカデミー主演女優賞を受賞。さらに、2011年公開の『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』で、アカデミー主演女優賞を受賞した
2020年現在、アカデミー賞に21回ノミネートされており、これは俳優としては最多の記録である。また、ゴールデングローブ賞を8回受賞(29回ノミネート)しており、男優・女優を通じて史上最多記録である。

参考:Wikipedia

メリル ストリープの名言集

俳優にとってただひとつの仕事とは、我々とは異なる人々の人生に入り込み、それがどんなものかを観客に感じてもらうこと。それだけです

脳味噌があるなら、あなたにはそれを使う義務があるの

もし女性が世界をリードしていたら、もっと平和への投資をしているはず。だって女性は本来、自分の子供が殺されるのなんて見たくないから。私は理想主義者かもしれないけど、男性と同等の権力を女性が持てないなら、私たちはおしまいよ

私たちが発するすべての言葉には、意味がある。世界に向けて発する言葉のすべてにね。子供たちに、そしてその時代に流れる精神に、強い影響を与えるの

女性は男性より演技が上手。なぜなら私たちは演じることが必須だから。自分より上の相手をうまく説得することは、サバイバル能力だからよ。女性はこうやって何千年も生き抜いてきた

私の名前が呼ばれた時、アメリカ国民の半分が『ああ……なんだよ、またメリルかよ』って言うのが聞こえた気がしたわ。でも、そんなのどうでもいいの!

母でいることと結婚は、バランスが決め手。やりがいのある仕事をしている場合は特にね。チャレンジだけど、最高に素敵なチャレンジよ

男性にとって、自分が映画に出てくる女の子だと想像することは、私が007になってビルを破壊することを想像するのよりも難しいみたい

有名にならなくてもいい。ただ、両親があなたのことを誇りに思うような存在になりなさい

歳を取ることを喜んで受け入れなきゃ。人生とは貴重なもので、たくさんの人を失うと、毎日が素敵な贈り物なんだと気付くから

映画業界に生きる人間としてわかっていること――それは、この世で一番絶対的に難しいのは、ストレートの白人男性の観客を、女性主人公と重ね合わせ、共感させること

若い女性に言いたい、体重のことばかり気にしないで、と。女の子たちはそれに時間をかけ過ぎてる。世の中にはもっといいことがたくさんあるのに

セレブリティになることは、私に隠れることを教えてくれた。でも、俳優になることは、自分の魂をオープンにすることを教えてくれた

何かを最初に始める女性には、何が求められるか? ガッツと気品よ

無礼は新たな無礼を呼び、暴力は新たな暴力を誘発する。権力を持つ人が、他人を傷つけるためにその立場を利用すれば、私たちはみんな破滅してしまうわ

若い男性、そして女性に向けて言うわ。あなたをユニークに見せるものや珍しく見せるもの、それがあなたの強みよ。誰もがクッキー型のように無個性になろうとするけど、みんなと違う人こそピックアップされるの。昔私は自分の独特な鼻が嫌いだったけど、今は嫌いじゃないわ

今も昔も、私は舞台やスクリーンではキスのエキスパート。どうやって準備したか? ほとんどはね、通っていたニュージャージー郊外の高校の中か、その裏手で練習したのよ

ハリウッドはアウトサイダーと外国人だらけ。もしそういう人たちを追い出してしまったら、サッカーと総合格闘技くらいしか――それはアートでもなんでもありません――見るものがなくなってしまうわ!

“できないはずのことをしている自分”を想像するのは、いいことだわ

私たちを真にハッピーにしてくれるものは、いたってシンプルよ――愛と、セックスと、食べ物!

次のページへ >

スポンサーリンク

-海外の芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム