YouTuber(ユーチューバー)

【なえなの】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:naenano0114

今回は有名な「なえなの」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「なえなの」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

なえなのとは

2001年〈平成13年〉1月14日生まれ、静岡県御殿場市出身。日本の女性インフルエンサー、タレント。
中学3年生の時にTwitterやMixChannelなどのSNSでの活動を開始し、その後TikTokでの活動などで注目を集める。2019年7月にはYouTubeチャンネルを開設。脱力系動画などが人気となり、開設から2週間で登録者数が10万人を突破、2021年8月5日の時点で90万人を突破している。
2020年5月27日には、初のスタイルブック『なえなののほん。』(KADOKAWA)を出版。Amazon売上ランキング1位やトーハン週間ベストセラー2位を獲得したほか、「2020年上半期インスタ流行語大賞 (Instagramメディア Petrel調べ)」において、YouTuber部門20位、SNSアカウント部門14位にランクインしている。また同時にTikTokのフォロワー数が100万人に到達した。
2020年9月よりファッション誌『LARME』の専属モデルに起用され、その復刊第一号の表紙を飾る。
20歳の誕生日を迎えた2021年1月14日に、フォトエッセイ『まだハタチ、もう二十歳。』(KADOKAWA)を出版。オリコン週間BOOKランキングの「写真集」ジャンルで2位を獲得してい。
2021年2月から5月まで『恋とオオカミには騙されない』(ABEMA SPECIAL)に出演、同年7月から8月までSNSドラマ『対決落語』に主演として出演する。
2021年10月より『部活ピーポー全力応援!ブカピ!』(朝日放送テレビ)にて地上波テレビ番組の初MCを務める。

参考:Wikipedia

なえなのの名言集

信じてついてきてくれた方々のおかげで今があるなぁと噛み締めています。

スタイルブックを読んだら、なえなのを知り尽くせるような本になっています。

今も辛い時はあるけど、好きなことだから頑張れます。

アンチコメントが結構来ていた時期があって…。めちゃくちゃメンタルが弱いので、誉め言葉が100個あっても、アンチコメント1個が目に付いてしまっていたんです。

どうしても辛い時は、友だちとご飯に行って気分転換をしています。

学校が「あまりSNSをやるな。もうやめてくれ」という感じで厳しかったので、事務所にも所属したいけどなかなかできなかったんです。…懐かしい(笑)!

最初は承認欲求が満たされるという思いから始めました。

YouTubeを使えば、喋っている姿も見せられるし、自分のことをもっと深く知ってもらうことができるなと思って始めました。

そうなんですよ!学んでおいて良かったなと思います。

視聴者さんのコメントを全部読むようにしています。

視聴者さんにとっていかに見やすい動画にできるかを研究しながら、動画を作っています。

電車の中やドライヤー中など、音が聞こえない環境の中でも映像だけで伝わるように、テロップをたくさん入れるようにして頑張っています。

元々自分の顔に全然自信がないんですよ…。

スタイルブックを出すことが決まった時も「え、大丈夫かな?こんな自分の本、手に取ってもらえるのかな…」と不安でした。

「いま日本の女の子が一番なりたい顔らしいですね。別に私はなりたくない」と煽りのようなコメントも来たのですが、逆に「私を見て『こうなりたい』と思ってもらえるようになろう」という気持ちにもなりました。

自分のコンプレックスを見つけて、メイクでカバーすることが大事だなと思います。トレンドのメイクやこの色が可愛いとかあると思うんですけど、まずは自分の顔について研究をする!

メイクのポイントは、私は二重幅があまり広くないので、重く見えないように上瞼にあまりアイシャドウを塗らないようにしています。

鼻はできれば整形したいくらいなのですが、痛いの苦手なのでやらないです(笑)。

あとは角度。私は左が利き顔で、左側から撮影した方が可愛く見えるので、写真を撮る時に利き顔を見極めて撮ると結構変わると思います。

やっぱり、生まれつきすっぴんが可愛い子が勝ちじゃないですか?

次のページへ >

スポンサーリンク

-YouTuber(ユーチューバー)

© 2022 名言まとめドットコム