YouTuber(ユーチューバー)

【youtuber ジョー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:joeanddream

今回は有名な「youtuber ジョー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「youtuber ジョー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

youtuber ジョーとは

1991年9月17日生まれ、日本の男性YouTuber、元プロボクサー。大阪市出身。
2014年、チャンネル「ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】」を開設。
2017年にはAbemaTV『亀田興毅に勝ったら1000万円』で亀田興毅と対戦する4人の1人に一般公募で選ばれ、亀田とボクシングの対戦をしたが、3RTKOで敗戦した。対戦後、戦いぶりを評価され亀田の指導の下3か月でプロボクサーになることを目指し、トレーニングに励んだ。9月1日に行われた、自身初めてとなるプロテストでは不合格したものの同月26日に行われた自身二度目のプロテストで合格し、プロのライセンスを獲得。2018年1月1日にはプロデビュー戦と引退試合を兼ねて所属する協栄ボクシングジム主催で試合を行い駿河男児所属のヤノ・ジョンと対戦し判定勝ちを収めた[3]。試合後、プロ挑戦時からの一試合限りで引退するという公言通り、プロボクサーを引退。
2019年3月には、渋谷のスクランブル交差点の真ん中に放置したベッドで寝た動画を自身のチャンネルに投稿し、交通を妨げたとして道路交通法違反の疑いで同月13日に警視庁に書類送検された。
2019年3月26日にはクラウドファンディングで資金を募り、新宿にバー「READY GO」をオープンしたが、2020年6月30日に閉店した。

参考:Wikipedia

youtuber ジョーの名言集

何事も徹底的にやる。ベタやけど、答えはやりきった後にしかないから。やる前から、判断したり絶対しない。失敗するってわかっててもやる。

没頭できたら、それだけでもう成功者なんや。没頭している時間ほど美しく、幸福を与えてくれるものはなない。

南米行ったときハエがめちゃおった。ずっと自分のまわりでブンブン飛んでるから気になるねんけど、ほっといたらそのうち慣れてきて気にならなくなった。ハエなんてほっといても、刺したり噛んだりせえへん。まわりの反対意見もそんなもんちゃう? うるさいけど、別にどうってことない。

やりたいことがないから楽しくない、というよりも、「やりたいことを探す」という行為自体が、ワクワクしてしゃあない。

この世に脇役なんていない。面白い出来事がそこら中で起きいるのに、他ならぬ自分が脇役であっていいわけがない。

おれは読書家やない。読んでただ知識にしたり、感動するだけよりも、貪欲に「やること」に落としていった方が読書を楽しめる。つねに”プレイヤー”でありたいんや。

僕はまず「YouTubeをやるぞ」って決めた時に、“動画を100本作る”それと“広告収入で牛丼を食べる”っていう目標を一番はじめに掲げたんですよ。まず100本くらいもやってみないと何もわからないなって思ったんですね。そうして「ジョーブログ」として動画をアップするようになって、牛丼が食べられたのが1年後くらいですね。これはいわゆるYouTuberのなかでも早いほうだと思います。

1番重要だったのは諦めない情熱があったってことだと思うんですけど、僕はまず動画を見まくって色んなYouTuberを分析しました。視聴数が伸びている編集のテイストとか企画とかを分析したんですけど、あえて無視したところもありますね。自分はとにかくやりたいことをやればいいんだって思ったんです。旅が好きで、冒険が好きで、ボクサーになりたかった自分が、興味を持っていることをやればいいんだって決めたときに楽しくなりましたね。見てくれた人がリアクションを返してくれるから、自分の好きなことをさらに深掘りできてそれはYouTubeの魅力です。

親父は普通のサラリーマンなんで、「なんでお前が俺から産まれたかわからへん」って言ってますよ(笑)。このあいだまで学生だったのに、「日本一周の旅に出る」とか「店出す」とか言い出したんで、そのときは反対されました。でも今は、「なんでもやれ」に変わりましたね。「お前の道だからお前のやりたいようにやれ。俺にわからん」って言ってます。ジョーブログも見てくれてるみたいで、だからエロいの上げるのとかちょっと気まずいですけど(笑)

考えていなかったですね。学校を卒業したら会社に就職する、っていう選択肢はなかったんですよ。僕にとっての仕事は、まず「自分のやりたいことが何なのか」っていうところがファーストステップ。自分のやりたいことが見つかったらそれをどう形にしていくかっていうのが“職”だと思うんですよね。だから単純に、「とりあえず会社に入りたい」っていうのは僕にはあんまり理解ができなかったんです。「とりあえずやりたいことをやってみよう!」と思っていました。

今はだいたい1本どういうものを作ると、どれくらいお金が入るかっていうのはわかるようになってきました。でも、あえて無視することもあります。「お金が入ってこなかったとしても、これはやりたいからやろう」って。やりたいことが優先。まずやりたいことがあって、お金はその次ですね。ただ僕一人で色々やっているだけだったら孤独になると思うんですよ。共感してくれる人がいるのは大きいです。僕がやっていることを見て、勇気を持ってくれたり、夢やロマンを持ってくれる人が増えていくのが楽しい。お金自体が、誰かに勇気や感動を与えるからもらえるものっていう感覚なんですよね。

僕自身は変わらないと思います。職業は、自分自身のあり方を表現するツールのように考えてるんですよね。そのコンテンツのひとつとしてYouTubeがあったり、ツイッターやトークライブがある。僕自身はこれからもずっとずっと表現していくだけで、その表現のツールが変わっていくだけ。だからAIが発達していっても、僕がやっていることは真似できないですよ。僕が表現することが、僕の仕事だから。

今は全部自分でやっているので、「やらされてる」っていう感覚がないんですよ。それでも義務感を感じてしまったら、まずはそれを自分に問いますね。「こういうことが俺は嫌なんや」っていうところがわかったら、「じゃあもうこれはやめとこう」って省いていったりします。

学校では授業があって、休み時間に遊ぶ道具まで用意されていて、何もかも教えてくれるじゃないですか。でも学校を卒業したら、人生の楽しみ方は自分で作っていくものだと思ううんですよ。「やりたいことが見つからない」っていう人は、「やりたいことはどうしたら見つかるか」っていうことを考えたほうが良いですね。それは誰かが用意してくれるものでもないので。待ってるだけじゃ何も起きないから、小さなことでもいいから一歩踏み出してみると良いと思います。例えば本屋に行ってちょっとでも興味を持てそうなものを探してみるとか、面白そうな店を探して入ってみるとか、ほんの些細なことでもいいんですよ。自分で考えて、自分で人生を作っていくっていう感覚を持ったほうが楽しいですよ。

フォローしてくれてるみんな!ありがとうな!今までもこれからも、 #ジョーの名言 をほんまよろしくな!俺と一緒に、人生楽しもうぜ!!今年もともに歩んでいこうな!👊Lady Go!!

自分に嘘ついてもうたら、後の人生に出るで。未来に希望を抱いても、困難や壁は起きるべくして、立ちはだかる。だから、むしろ、困難が起きた時に、希望を見れるかどうかが重要である。

求められる前に、与えられる前に、与えるんや。サプライズはいつも先手必勝!ギブアンドテイクやない。ギブアンドギブや。

本当に「いいね」と思うなら、自分の声で言ってやれ。心の体重が乗っかってる言葉を使いたい。体験で感じたことだけがリアルなんや。

自分の人生にとって何がベストかなんて考えるな。説明のつかん感情が1番シンプルで自分が欲してる心理なんや。意味や目的なんかなくてもええんや。無駄なことおもっきりしてみ。無意味に遊べ!そして、ユーモアを育てろ!

伝説は起きるもんやない。起こすもんや。

次のページへ >

スポンサーリンク

-YouTuber(ユーチューバー)

© 2022 名言まとめドットコム