芸能人・タレント、YouTuber

【中田 敦彦】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:【中田 敦彦】の名言集

今回は有名な「中田 敦彦」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「中田 敦彦」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

中田 敦彦とは

1982年9月27日、佐賀県で生まれ、生後1ヵ月頃に大阪府高槻市へ移る。日本のお笑いタレント、歌手、実業家、YouTuberとして活躍する。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当である。相方は藤森慎吾である。
東京学芸大学附属高等学校を経て、2001年4月に慶應義塾大学経済学部経済学科入学。
高校生の時に観たビデオで明石家さんまやシティボーイズ、ダウンタウン、千原ジュニアが好きになり、お笑い芸人に興味を持つ。大学1年生の時、アルバイト先の保険会社の受付オペレーターをしていた藤森慎吾と出会う。2003年8月1日に「オリエンタルラジオ」を結成。
2019年4月19日よりカジサックの勧めで教育系YouTuberとして、文学や経済・歴史などを、参考文献を基に紹介し解説する動画を投稿している。2019年9月3日に登録者数100万人、2020年3月21日に200万人、同年10月11日に300万人を達成した。

参考:Wikipedia

中田 敦彦の名言集

一歩を踏み出せない人は 俺の姿を見てろ。

「リスクを取るのが怖いから一歩踏み出せない」というのが全員です。「やってる人はもうやってて、やってない人は怖いからやってない」って二択でしかない。

批判が来ているってことは、僕に対する信頼度がまだまだ足りてないってことかなと思って。

何かを極めていくというよりも、新しいことをどんどん始めるのが一番面白いと思うんです。

いちばん大事なのは、優勝してチャンピオンになることではなくて、多くの人に自分の表現を伝えることなんじゃないかなって。

僕は、新しいことを企画して挑戦することや、利益を生み出す仕組みを作ることが、とにかく楽しい。

失敗が怖くはないんですか?って言われるんですけど、怖くはないんですよ。なぜなら一発で目標にたどり着けないことだけはわかってるので。でも、いろいろ試行錯誤していけば、必ずたどり着けるんです。

自分が今いる環境でOKならOKだし、満足していないのであれば、その環境を変えるほうがいい。

目標は、建てない人もいるわけだから、絶対にたてたほうがいいとは限らないんですよ。それよりも自分がどんな人間かを知ること。「自分らしくあれ」。

いちばん大事なのは時間なんです。意に反する仕事に長く時間を費やしてしまう人生が、もったいないと思ってしまうんです。

いいなと思ったら「俺にもできないか?」と常に考えるようにしてるんです。

失敗したとしても、また何か別のことをしたときに、失敗した経験はどこかで生きるはず。

僕は世の中にウケることがやりたいんです。

次世代になにか与えたいというよりは、次世代からなにか吸収したいと思ってますね。明らかに新人類のほうが優秀なんですよ。

「自分は変わらなくていい、ルールや仕組みを変える」という価値観。

成功が当たり前じゃなくて、失敗が当たり前。

やらなきゃいけないのは、まずやること。

本当に大事なのは、「お金の作り方」がわかること。

「人はなんにでもなれる」というのを証明したいんです。

大切なのは将来何になるかじゃなくて、かつてどうあったかでもなくて、今日どうあるかだ。世界は残酷だけどそれでも希望は確かにある。人は何者にでもなれる。いつからでも。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント、YouTuber

© 2021 名言まとめドットコム