芸能人・タレント、お笑い芸人

【渡辺 直美】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:【渡辺 直美】の名言集

今回は有名な「渡辺 直美」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「渡辺 直美」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

渡辺 直美とは

名前:渡辺 直美(わたなべ なおみ )
出身地: 台湾・台北県板橋市(育ちは日本の旗 日本・茨城県石岡市)
生年月日:1987年10月23日
日本のお笑いタレント、司会者、女優、歌手。吉本興業所属。東京NSC12期生。
2021年(令和3年)現在ニューヨーク在住。

茨城県石岡市立石岡中学校卒業。勉強が全くできなかったため、高校を3校受験するも失敗したので高校進学せずにファミレスの夢庵にてアルバイトとして働き、貯金をする。中学生の時には恥ずかしがり屋であったが、仲のよい子を集めてものまねを披露するなどしていたこともあり、親の反対を押し切り、家出同然の形でNSCに入る。親がNSCに電話をしてきたこともあったという。
ビヨンセの大ファンであることから主に楽曲「クレイジー・イン・ラブ」のダンスのモノマネ芸を始め、テレビなどで多く披露するようになる。これにともない「和製ビヨンセ」、「ブヨンセ」、「吉本のビヨンセ」などとも呼ばれていた。
尊敬するお笑い芸人は岡村隆史、コロッケ。理由は「動きや顔で誰にでも解かる面白さを追求しているから」。2016年(平成28年)現在の悩みはネタ数が少ないこと。ネタが尽きたら、そのままテレビから消されてしまいそうで怖いという。目標はコント番組にレギュラー出演することだというが、ピカルの定理のレギュラーとなったことで叶った。
2017年(平成29年)10月にVOGUEの世界のメイクアップシリーズで、渡辺直美本人のメイク動画が公開され、YouTubeで即数百万再生に達成した上、他のメイク動画でも数百万再生などを1か月で達成し、メイク術に関しても注目が集まっている。
コスメはエスティローダーやセフィーヌ、ルナソルを愛用していることを自身の動画内で公言している。
ゴチでは当初は「渡辺」と苗字で呼ばれていたが、途中で「直美」と呼ばれるようになり、最近ではゴチ以外でも「直美(さん)」の呼び名が定着している。

参考:wikipedia

渡辺 直美の名言集

太りたいなんて思わないし、痩せれるなら痩せたい。でも、今の自分がこれだから今の自分が好き

いまはとにかく、芸人として頑張っていくことだけを考えています。お笑いって、楽しいけどいろいろ大変ですから

結局自分のやりたいことをずっとやってる人が輝いてる

野望としては、シリアスな殺人鬼とか、暗-い役で映画に出てみたいなという気持ちもあるんですよ。いまの自分に求められる役とぜんぜん違うから

自分のことを好きになったらどんなこともできるよ

単独ライブだからといって、自己満足ではダメだと思うんです。自分のやりたいことだけをやっていいんだったら、1時間半ずーっとビヨンセの当て振りをやっていたいんですよ、本当はっ!。でも、そんなことをしている自分を想像したら、お客さんが誰も笑ってない様子まで見えてきて、イメトレで絶望的な気分になっちゃいます

ダイエットで手に入れた「ガリガリ」はなんの魅力もないです。そもそも体重の数字にとらわれないで。見た目がどれだけ魅力的かっていうこと。

もちろん働く女性も、男性と同じように一生懸命頑張ることが大切。それを前提とした上で、男性の方が得意なことはどんどん任せて、弱みを見せちゃってもいいと思うんですよね

私は化粧がしたいから化粧するし、髪の毛を金髪にしたいからするし、美味い飯食いたいから食うし、脚がむくんだらむくんだまま放置する

男性に負けたくないと気を張っている女性であればあるほど、たくさんストレスが溜まるはずなんです

二次元の世界で可愛い子ぶる女。絶対にブスなんですよ実際は

本当にこうやって助けてもらえる人って少ないし、それを受け入れなきゃいけないし、そういう自分を認めた方がいいよって言われたんですね。その時に、「あっ。そっか、そういうことか」って。今まで助けてもらっても、まずは感謝しなきゃいけなかったのに、「ダメだ、ダメだ、甘えちゃダメだ」ってそれに背を向けてたけど、そのご好意は素直に受け入れて、必ず結果を残そうって思い直すようになりました

どうしたら人に求められるのかを自分なりに考え、模索した10年だったなと思います

結局、ニューヨークに来てもいろんな人に助けてもらったんです。家を探す時も友達の友達がすごく良くしてくれたり。最初の目標は自分一人でどこまでできるかってことだったんですけど、結果、やっぱりみんなに助けてもらった。心の中で甘えちゃいけないと思いながらも、やっぱり甘えちゃったり。その時にみんなに言われたのが「それは直美ちゃんの人望だから」って

1つ、自分の足元を見るのではなく星を見上げなさい。2つ、仕事を諦めるな。仕事は、空っぽの人生に意味を目的を与えてくれる。3つ、幸運なことに愛を見つけたのなら、その存在を忘れず見捨てるな

(周囲を)気にしないでポンポン話に入っていけば、たとえタイミングがちょっと変だったとしても、メンバーがなんとかしてくれるはずだって頭では分かってるんです。でも、なかなか発言する勇気が出ない。“緊張しい”で、その上、変な強がりが出てしまうんですよね

「渡辺直美」を知らない人を笑わせなきゃいけない

中学1年の冬、仲が良かった子たちに急にハブられて。それが3カ月続いたんです。ボコボコにされそうになりました。でも、私は八方美人でたくさんの人と仲良くしてたから、みんなが助けてくれたんです

私、1日100回は笑いたいと思っているので、普段から“何をしようか?”とか“何食べる?”とか、いつもワクワクしているんですよ

決められたタイミングで、決められた動きをすればいいアシスタントの役割に比べて、自ら一歩も二歩も前に出ていかなければならないレギュラーという存在は、立ち位置の違い以上の重みがあります。場に応じて、自分の言葉でお客さんを笑顔にしなければならないんですからね。いまでも毎回反省を繰り返してますよ

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント、お笑い芸人

© 2021 名言まとめドットコム