芸能人・タレント、お笑い芸人

【萩本 欽一】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:浅井企画

今回は有名な「萩本 欽一】」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「萩本 欽一】」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

萩本 欽一とは

1941年5月7日に東京府東京市下谷区稲荷町で生まれる。
日本野球連盟に所属する野球クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」創立者で、初代監督を務めた。司会者などタレント業のほか、舞台などの演出家としても活動する。
浅井企画に所属し、浅井企画グループの佐藤企画と業務提携し、同じく浅井企画傘下に置く個人事務所・萩本企画にも所属している。
大衆からはもとより、芸能界でも先輩・後輩問わず「欽ちゃん」の愛称で呼ばれる。
また、彼の番組や舞台から育った欽ちゃんファミリー等からは、「師匠」などとは呼ばせず「大将」と呼ばれている。
1970年代に、「なんでそーなるの!」などのギャグや、「欽ちゃん走り」と言われる独特の走り方(など体を使った笑い、さらに素人および素人っぽさを残す才能を開花させたり番組でユニットを作り曲を出すなど、現在のバラエティの基本を開発した人物で、お笑い界の革命児として一世を風靡した。

参考:Wikipedia

萩本 欽一の名言集

人生は幸せと不幸せが50対50

夢には一直線に向かうな。

人生は全て繋がっている。

死ぬまで修行

悪いことがあったら落ち込んで泣いて受け入れろ。

可能性を自分で潰す必要はない

ダメな奴なりに、ダメじゃない人生を送ることは可能

「つらいなぁ」というのは大きな運をつかむ予兆だと思う。

人は誰しも同じ分だけ「運」を持ってるの。

運は正面から来ない。

「なりたい」ではなく「なる」という前提で人生を過ごしなさい。

人を笑わすというのは、まず、人を愉快にさせる

家庭では温度のある言葉のやり取りをしてほしい

幸せに正解なんかあるはずがない。

聞いて偉くなった人は誰もいない

ニコニコしていられるってのはいいボケができるってこと。

「どっちが得か?」みたいに目先のことばかり考えているとダメなんだよ

悪いことがあったら落ち込んで泣いて受け入れろ。

フリは静かに

コントは動きから入って行くのがいい

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント、お笑い芸人

© 2022 名言まとめドットコム