西暦1800年代の偉人

【土方 歳三】の名言集|名言まとめドットコム

勝てるか勝てないか、やってみなければわからないよ。おらァもう、勝敗は考えない。ただ命のある限り戦う。どうやらおれのおもしろい生涯が、やっと幕をあけたようだ

俺たちとともに戦え

未来だけは、いやにはっきりとした姿で、私の眼の前にある

”どうなる”とは漢の思案ではない。婦女子のいうことだ漢は、”どうする”ということ以外に思案はないぞ。

じゃあお前は何をしにこんな遠くまで来たんだ。臆病者め

さしむかふ こころは清き 水かがみ

すこぶる勝気、性これまた怜悧

うるさい、俺の病床に障る。もう聞きたくない。出て行け

春の草 五色までは 覚えけり

諸君は渋沢様の言葉を何と聞いたのだ。これは恥を知る武士として、もっともなご配慮ではないか。私は渋沢様の申される通りにすべきと存ずる。渋沢様、貴殿のお覚悟のほど、しかと承り申した。我ら、貴殿の御用のさまたげとなることは一切いたしませぬゆえ、ご安心ください。ただ、大沢の宿までの同道はお許し願いたい。もし、大沢やその一味が貴殿に危害を加えるようなことがあれば、我ら即座に助勢をいたします

断るとあらば、今この場で討ち果たす

梅の花 壱輪咲いても 梅は梅

(江戸に)帰るのは、いつになるかはわかりません。しかし帰らないことこそ、大慶(喜ばしいこと)なのだと思って下さい

あいつらも弾のなかにいる

故郷に向かって 進む 五月雲

しれば迷ひしなければ迷はぬ恋の道

この敵の配置は、たったいま現在のものです。もう一刻たてばどう変化するかわかりません。喧嘩の前には忘れますよ

よしや身は蝦夷が島辺に朽ちぬとも魂は東(あずま)の君やまもらむ

春雨や 客をかえして 客に行き

公用に 出て行く道や 春の月

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム