西暦1900年代の偉人

【福田 赳夫】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:首相官邸

今回は有名な「福田 赳夫」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「福田 赳夫」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

福田 赳夫とは

福田 赳夫(ふくだ たけお、1905年〈明治38年〉1月14日 - 1995年〈平成7年〉7月5日)は、日本の政治家、大蔵官僚。位階は正二位。勲等は、大勲位。
衆議院議員、農林大臣(第2次岸改造内閣)、大蔵大臣(第1次佐藤第1次改造内閣・第2次佐藤第2次改造内閣・第3次佐藤内閣・第2次田中角栄1次改造内閣)、外務大臣(第3次佐藤改造内閣)、行政管理庁長官(第2次田中角栄内閣)、経済企画庁長官(三木内閣)、内閣総理大臣(福田赳夫内閣)などを歴任した。

参考:Wikipedia

福田 赳夫の名言集

生命は尊貴である。一人の生命は、全地球よりも重い。

私は今回の日本の経済は大変な事態だと。まあ私の診断によれば、これは全治三カ年の大やけどをしたと言ってもいいような状態だと思うのです。

政治は最高の道徳。

高度経済成長政策は両3年内に破綻を来す

昭和元禄。

視界ゼロ。

予備選で負けた者は国会議員による本選挙出馬を辞退するべき

日本経済は全治3年。

総理・総務は推されてなるもので、手練手管の限りを尽くしてかき分けてなるものではない。いずれ近い将来日本国がこの福田赳夫を必要とするときがかならずやってくる。

恩欠く義理欠く金をかく。

藁は何本束ねても藁である。

名存実亡

掃除大臣

民の声は天の声というが、天の声にも変な声もたまにはあるな、と、こう思いますね。

(三里塚闘争などによりほとんど進展がなかった成田空港問題について)あらゆる困難を乗り越え開港を実現せよ

狂乱物価。

全国津々浦々から福田福田の声

福田内閣はさあ働こう内閣だ。

世界は福田を求めている

国と地方は車の両輪

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム