西暦1900年代の偉人

【エリック・ホッファー】の名言集|名言まとめドットコム

粗暴な態度とは、強さの真似をした弱者の態度である。

言語は質問するために考案された。答えは嘲笑とジェスチャーで与えられるかもしれませんが質問は話さなければなりません。社会的な停滞は答えの欠如からではなく質問をする衝動がないことから生じる。

大衆運動は自己開発への欲求を満たすことができるからではなく、自己放棄への情熱を満たすことができるがゆえに支持者を惹きつけ、また掴むのである。

各を立てることのできぬ者にとっては、自由というのは厄介な重荷なのである。

未来を予測する唯一の方法は未来を形作る力を持つことです。

自己中心的生活を無私の生活に換えることによって我々が強烈な自尊心を得るというのは、間違いのないところである。

自由を最も声高に叫ぶのは、自由に社会において幸せになる可能性がもっとも低い者たちであることがしばしばである。

権力は腐敗すると言われています。しかし、弱さも腐敗することを認識することはおそらく同様に重要です。

個人的な興味や見通しに生きがいが見出だせないとき我々は、そのために生きるべき我々とは別の何かを切実に求めることになるのだ。

本当の自分から逃れようとする衝動は、合理的で明白なものから逃れようとする衝動でもある。

まとめ

今回は「エリック・ホッファー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「エリック・ホッファー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム