西暦1900年代の偉人

【アン サリヴァン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Wikipedia

今回は有名な「アン サリヴァン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アン サリヴァン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アン サリヴァンとは

アン・サリヴァンことジョアンナ(アン)・マンズフィールド・サリヴァン・メイシー(Anne Sullivan、またはAnnie Sullivan Macy、Johanna Mansfield Sullivan Macy、1866年4月14日 - 1936年10月20日)は、ヘレン・ケラーの家庭教師(ガヴァネス)。通称「アニー」。日本では「サリバン先生」の名で知られている

。ヘレン・ケラーは彼女のおかげで、目、耳、声の三重の身体障害を克服した。ヘレンケラーの生涯を綴る戯曲は『奇跡の人』と訳されており、「奇跡の人」とはヘレンのことと日本では誤解されがちである。しかし原題は「The Miracle Worker」であり、これは実際にはアンのことを指した言葉である。

参考:Wikipedia

アン サリヴァンの名言集

大きな一歩、重要な一歩が踏み出されたのです。あの小さな無作法者は、従順さについての最初の授業を習い終えました

失敗したら初めからやり直せばいいの。そのたびにあなたは強くなれるのだから。

私の心は今朝喜びに高鳴っています。なんと、奇跡が起こったのです!……2週間前までは飼い慣らされていない小さな生き物であった者が、一人の穏和な子供に変身しているのです。

人の唇から漏れる微笑みを、自分の幸せと感じられる人間に私はなりたい。

よろしくお願いします。アニー・サリバンと申します

(ナプキンを)教えられたようにではなく、自分で工夫して胸に留めていました

太陽ばかりを見ていては影は目に入らない

喜びは、自分を忘れる事にあるのよ。

奇跡が起こりました。今日初めて、私のキスを受け入れました。しかし、まだ、お返しはしませんが

そうよ!『ウォータ―』もう一度言ってごらん!

ヘレンは、落ち着いた幸せそうな表情で、鉤針を使ってスコットランド産の赤い毛糸で鎖編みをしながら、こうして手紙を書いている私の傍らに座っています。彼女は今週編み物を習い覚え、その成果をとても誇りにしています

大丈夫よ!あなたはひとりじゃないのよ!

もっとも暗い雲の下でも、人間は清らかに美しく、楽しく生きられる。

もっとも重い障害をもちながら、こんな偉業を成し遂げられることを人々に教えているのです。

どんなささやかな成功も、他人の目には触れない挫折や苦難の道を、経ているものなの。

知識は愛であり光であり、未来を見通す力なのだ

全力を尽くし、結果を待つ。

雲に触ることは出来ないでしょう?それでも雨が降ってくるのはわかるし、暑い日には、花も乾いた大地も、雨を喜んでいるのがわかるでしょう?愛もそれと同じなの。愛も手で触れることは出来ないけれど、愛が注がれる時の優しさは、感じることが出来るでしょう?愛があるから、喜びも湧いてくるし、遊びたい気持ちも起きるのよ…。

今彼女は、私がキスするのをすなおに受け入れています。そして、とくに穏やかな気分の時には、1、2分間私の膝に座ろうとします

彼女は人々の思いやりの心を引き出し、やさしい感情を実行にうつすだけではありません。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム