西暦1800年代の偉人

【ウォルター スコット】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:goo 辞書

今回は有名な「ウォルター スコット」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ウォルター スコット」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウォルター スコットとは

初代准男爵サー・ウォルター・スコット(Sir Walter Scott, 1st Baronet, 1771年8月15日 - 1832年9月21日)は、スコットランドの詩人、小説家。ロマン主義作家として歴史小説で名声を博し、イギリスの作家としては、存命中に国外でも成功を収めた、初めての人気作家といえる。

ゲーテ、ビュルガー(ドイツ語版)、シラーなどドイツのロマン派文学に惹かれ、1796年にビュルガーの『レノーレ』、1799年にゲーテ『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』の英語訳を出版した。次いで『ミンストレルジー・オブ・スコティッシュ・ボーダー』を出版する。1797年にはフランス革命戦争に備えて騎兵義勇隊を結成して訓練に励んだ。この年、兄や友人とイングランド西北部のカンバーランドへ旅行し、そこでフランスからの亡命者ミス・シャーロット・シャーパンティアに出会って結婚して、この地に住み、翌年にはエディンバラの南のラスウェイド(英語版)に移った。1799年にはセルカーク州知事代理に任命される。

参考:Wikipedia

ウォルター スコットの名言集

悦びのない人生は、油のないランプである。

成功、不成功はその人の能力よりも、精神的態度によるものが大きい。

無為に過ごしたすべての年月を、栄光の活動と高貴な危険に満ちた、一時間と交換したい。

愛人たちのあいだの争いにおいて、自分のほうがよけいにまちがっていたのだと、つねに認めようとするのは、いちばん強く愛しているほうの側である。

愛情はあらゆる暴力の嵐に耐え抜く力があるが、北極の氷のような長い無関心には耐えられない。

時と潮流は人を待たない。

引っ込めることのできない所まで腕を伸ばすな

臆病でためらいがちな人間にとっては、一切は不可能である。なぜなら、一切が不可能なように見えるからだ。

犬の寿命が何故こんなに短いのか。私はよく自問するようになった。それは人類への思いやりからに違いない。思うに、犬と10年か12年暮らしただけで、あれほど苦しむのだから…犬が2倍長生きしたらどうなることやら。

勇気がなければ真実はあり得ませんし、真実がなければ美徳はあり得ません

くよくよすることはないさ。明日の朝、7時には解決しているよ

盗人の間にも信義がある

冷やかしは、しばしばばかげたことを阻むが、高貴なものまでも葬ってしまうことも同じくらい多くある

猫は元来ミステリアスである。彼らの脳裏には、我々の認識を超えた数多のものが去来している。

愛は涙につけて保存される時がもっとも愛らしい

死は最後の眠りである。いや、それは最初の目覚めである。

仕事を持っているとぐっすり眠れるし、心地よく目覚めることができる。余暇を思う存分楽しむには、学問であれ義務を伴わない仕事であれ、働いたという実感を少しでも持つ必要がある

疲労ののちの休息ほど、楽しいものはない。空腹ののちの食事ほど、美味なものはない。病気ののちの健康ほど、愉快なものはない。また、非常な困難を突破したのちの平和ほど幸福なものはない。

人類はお互いに助け合うことをやめたら滅びるだろう人間は支えあわないと生きていけないのだ

成功、それは自分の心の奥を覚醒させ、欲望を眠らせる、それを続けること。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム