紀元前の偉人

【デモクリトス】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:ビジネス知恵袋

今回は有名な「デモクリトス」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「デモクリトス」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

デモクリトスとは

デモクリトス(デーモクリトス、希: Δημόκριτος、羅: Democritus、紀元前460年頃ー紀元前370年頃)は、古代ギリシアの哲学者。

ソクラテスよりも後に生まれた人物だが慣例でソクラテス以前の哲学者に含まれる。

トラキア地方のアブデラ(Abdera)の人。レウキッポスを師として原子論を確立した。アナクサゴラスの弟子でもあり、ペルシアの僧侶やエジプトの神官に学び、エチオピアやインドにも旅行したと伝えられる。財産を使いはたして故郷の兄弟に扶養されたが、その著作の公開朗読により100タレントの贈与を受け、国葬されたという。哲学のほか数学・天文学・音楽・詩学・倫理学・生物学などに通じ、その博識のために〈知恵 Sophia〉と呼ばれた。またおそらくはその快活な気性のために、〈笑う人 Gealsinos〉とも称された。

参考:Wikipedia

デモクリトスの名言集

行為の前に先慮することは、後になって気付くことよりもより良い。

主張や批判に反論することを好み、多くの言を費やす者は、いかなる正しいことも学ぶ能力がない。

友人らしくみえる人々は、おおかた友人にあらず、かく見えぬ人がおおむね友人なり。

人は善き人であるか、善き人を見倣うか、そのいずれかでなければならない

愚者ともを支配するよりも、愚者どもに支配さらるる方がまされり。

医術は身体の病気を癒すものであり、他方、知恵は魂を激情から解放するものである。

愚かな者達には、言葉ではなく不運が教師となる。

愚者のみが死を恐れるあまり齢を重ねんとす。

真実を語るべきであって、多くを語るべきなのではない。

悪しき者達があら捜しをしても、良き人はそれを意に介さない。

反駁を好んで多くの言葉を費やす者は、いかなる正しいことをも学ぶ能力がない。

多くの愚者を友とするより、一人の知者を友とするべきである。

あらぬものは、あるものにすこしも劣らずある

嫉妬は内紛の始まりを作り出す。

人間達の幸福は、身体によってでも金銭によってでもなく、正しさと思慮深さによってである。

実に倹約と飢えは有用である。だが、また、時宜にかなう時には出費も有用である。しかし、それを知るのは賢い人のみである。

人の慣わしで甘さ、辛さ、温かさ、冷たさ、色。しかし真実にはアトムと空虚。

技術も知恵も到達不可能である、もし人が学ばないならば。

人間どもが幸福になるには、身体によるものにあらず、金銭によるものあらずして、むしろ心の正しさと知恵の多さによる。

嫉妬深い人は自分自身を敵でもあるかのように苦しめる

次のページへ >

スポンサーリンク

-紀元前の偉人

© 2022 名言まとめドットコム