西暦1900年代の偉人

【チャールズ リンドバーグ】の名言集|名言まとめドットコム

なんと大洋の美しいことよ!なんと大空の澄んでいることか!炎のような太陽! 何事が起ころうと、この瞬間、生きていることでたくさんだ

準備不足のまま戦争に突入することより敗北することへの近道はない。

荒野では、私は人生の奇跡を感じることができる、その奇跡を目の当たりにすれば科学の知識なんて雑学のようなものだ。

翼よ、あれがパリの灯だ

病院で30日過ごすよりマウイで1日過ごす方が良い。

何百フィート上空で、初めてたった一人で飛行機のコックピットに座ることは決して忘れられない経験だ。

外国の戦争問題で国内の人々を分断するより他に、敵を満足させることはない。

アメリカの科学とアメリカの知恵、才覚が航空学の進展をもたらしたのである。今回の飛行はアメリカ産業の成果である

良い飛行機を飛ばすことは、車を運転するようにそれほど注意を払う必要はありません。

日本は二大捕鯨国の一つ。鯨の専門家もそろっている。今後、捕鯨船団に国際組織の看視人を置いて、捕獲量を確かめねば…

心にだけは収穫期がない。愛の種は絶えず蒔き直さなければならないのだ

ヨーロッパ全行程にわたる完全無欠な天候の確報など待っていられるものか。今こそチャンスだ。よし、明け方に飛び出そう

彼は一人で、右手に勇気を持ち、左手には信念を持ち合わせているか?

危険を冒すことなく成し遂げられるものなど何もない。

我々は、キリストの説教、老師の知恵、ブッダの教えから学ばなければならない。

私たちが最も考えていることについてほんの少ししか話さないのはおかしくはないだろうか?

私は空と、飛ぶことを何よりも愛している。もちろん危険はある。しかし、適度な危険は人生を豊かにするのだ。

悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである。 およそ成り行きにまかせる人間は気分が滅入りがちなものだ

きれいな家に貧乏なし、汚い家に金持ちなし

(1938年、ヘルマン・ゲーリングから勲章を授与されたもののアメリカ国内で批判を受けた。この批判に対して)ドイツに対する過剰な非難である

まとめ

今回は「チャールズ リンドバーグ」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「チャールズ リンドバーグ」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム