ウェールズ公妃ダイアナ 偉人

【ウェールズ公妃ダイアナ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ウェールズ公妃ダイアナ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ウェールズ公妃ダイアナ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウェールズ公妃ダイアナとは

ウェールズ公妃ダイアナ(Diana, Princess of Wales、全名: ダイアナ・フランセス(Diana Frances)、旧姓: スペンサー(Spencer)、1961年7月1日 - 1997年8月31日)は、イギリスの第1位王位継承権者・ウェールズ公チャールズの最初の妃。

イギリスの名門貴族スペンサー伯爵家の令嬢として生まれ、1981年にチャールズ王太子と結婚、彼との間にケンブリッジ公ウィリアム王子(第2位王位継承権者)およびサセックス公ヘンリー王子(第6位王位継承権者)の2児をもうけた。しかし後にチャールズ王太子と別居状態になり、1996年に離婚。1997年にパリで交通事故による不慮の死を遂げた。

参考:Wikipedia

ウェールズ公妃ダイアナの名言集

見返りを求めずに誰にでも親切にすること。だってあなたにも同じことをしてくれる人がいるかもしれないんだから。

現代社会が抱えている最も深刻な病は、人々が愛されていないと感じていることだと思うの。

息子たちには人々の感情について理解して欲しい。不安や苦悩、そして希望や夢を。

プリンセスであるということは、いわれるほど素敵なものじゃないわね。

高価な贈り物はいらない。お金じゃないわ。欲しいものはすべて持っている。ただ安心できように誰かにそばにいて欲しいの。

わたしは自由な精神でいたい。わたしのそんなところを嫌う人もいるけれど、それがわたしという人間なの。

わたしは人々の心の中の王妃でありたいと思っていますが、この国の王妃であるとは考えていません。

苦しみのあるところにいたい。わたしにできることをするために。

この世で何よりも大切なものは家族です。

あなたの心が語りかけることだけをしなさい。

わたしは自分のすべきことが何なのかを理解していたわ。外に出て人々に会い、彼らを愛することよ。

結局は男こそがすべてだって人は言うけど、わたしにはやりがいのある仕事のほうが大切ね。

わたしはルールブックには従いません。頭ではなく心に従うの。

この結婚には3人いたの。だから少し混み合っていたわね。

息子たちが何よりも大事。彼らなしでは途方に暮れてしまう。

抱きしめることは本当に大きな効果をもたらすの。特に子どもたちにはね。

人生ってまさに旅ね。

あなたの人生において愛する人を見つけたら、その人をしっかりとつかまえなさい。

わたしにも女の直感があるわ。それはいつだっていいものね。

今日の世界における最大の問題は不寛容さよ。だれもがお互いに我慢できなくなっているわ。

次のページへ >

-ウェールズ公妃ダイアナ, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5