ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル 偉人

【ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトルとは

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル(1905年6月21日 - 1980年4月15日)は、フランスの哲学者、小説家、劇作家。

内縁の妻はシモーヌ・ド・ボーヴォワール。右目に強度の斜視があり、1973年にはそれまで読み書きに使っていた左目を失明した。
自分の意志でノーベル賞を拒否した最初の人物である。

参考:Wikipedia

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトルの名言集

人間は状況によってつくられる。

もっといい時代はあるかもしれないが、これは我々の時代なのだ。我々はこの革命のただなかに、この生を生きるよりほかはないのである。

我々は何をするにも、常に自分自身に問わなければならない。もし皆がそうしたら、どんなことになるだろうと

運命というものはその人自身が作りあげるものなのだ。

悲しむことはない。いまの状態で何ができるかを考えて、ベストを尽くすことだ。

すべての答えはもうすでにある。あなたがどう生きるかということをのぞいて。

人間は現在もっているものの総和ではなく、彼がまだもっていないもの、これからもちうるものの合計である。

嘘とは、私がつくったものではなく、階級に分かれた社会に生まれたものである。だから、私は生まれながら嘘を相続している。

成功とは、品性と知性の証拠であり、また、神聖な保護を受けた証拠である。

人間は、時には自由であったり時には奴隷であったりすることはできないであろう。

人間は常に全面的に自由であるか、あるいは常に全面的に自由でないか、そのいずれかである。

われわれの自由とは、今日、自由になるために戦う自由な選択以外のなにものでもない。

現代の資本主義社会には生活はない。あるものはただ宿命だけだ。

インテリというのは真の革命家ではない。暗殺者になるくらいが関の山だ。

ひとは各々の道を創り出さなくてはいけない。

まず第一に理解しなければならないことは、自分が理解していないということである。

自由であるとは、自由であるべく呪われていることである。

批評家とは、他人の思想について思考する人間である。

悲しむ必要などない。今の自分に何ができるかを考えあとは全力で頑張ればいい。

いかなる人間でも生きながら神格化されるには値しない。

次のページへ >

-ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5