西暦1800年代の偉人

【ハンス・クリスチャン・アンデルセン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ハンス・クリスチャン・アンデルセン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ハンス・クリスチャン・アンデルセン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ハンス・クリスチャン・アンデルセンとは

ハンス・クリスチャン・アンデルセン(丁: Hans Christian Andersen、デンマーク語発音: [ˈhanˀs ˈkʁæsd̥jan ˈɑnɐsn̩](ハンス・クレステャン・アナスン)[1]、1805年4月2日 - 1875年8月4日)は、デンマークの代表的な童話作家、詩人である。

アンデルセンの童話は子供から大人まで人気が高く、現在も国際的に愛されており、代表作は「人魚姫」「みにくいアヒルの子」「マッチ売りの少女」「雪の女王」など。約170の作品を遺した。アンデルセンの童話作品はグリム兄弟のような民俗説話からの影響は少なく、創作童話が多い。初期の作品では主人公が死ぬ結末を迎える物も少なくなく、若き日のアンデルセンが死ぬ以外に幸せになる術を持たない貧困層への嘆きと、それに対して無関心を装い続ける社会への嘆きを童話という媒体を通して訴え続けていたことが推察できる。しかし、この傾向は晩年になってようやくゆるめられていき、死以外にも幸せになる術があることを作中に書き出していくようになっていった。

参考:Wikipedia

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの名言集

大事なことは目に見えないため、さやかの見るには心をもってするしかない。

旅行によって視野が広がることは稀である。

私の人生は、私のすべての作品の最高実例となるだろう。

地球にいる我々の誰もが、持てるものの最高を人に与え、掌中にある何をも差し出すべきではないだろうか。

質問があまりに馬鹿げていると、答えるのは簡単ではない。

言葉が語れないところでは、音楽が語る。

我々はつねに幸せでいることは期待できない。悪を経験することは、善と同様、我々を賢くする。

どの町も、人と同じく、独自の表情を持っているものだ。それらは共通した類似点を持つが、それでも違ってはいる。その独自な感触が、人の心に留まるのだ。

あなたは夢想家であり、それがあなたの不幸なのだ。

太陽は、善人も悪人も等しく照らす。

人魚は涙を持たないので、ますます苦しい思いをする。

私の人生は美しい物語であり、幸せで、また出来事で一杯です。

全世界は、奇跡の連なりだ。だが我々は慣れすぎて、普通のことと呼び習わしている。

生きているだけでは十分ではない。誰にも、日の光と自由と小さな花が必要だ。

人生を楽しめ。死ぬ時間はたっぷりある。

死は風よりも早く歩み、捕らえたものを決して返すことがない。

白鳥の卵から孵ったのなら、アヒルの庭で生まれても問題ではない。

勇敢な兵士は、決して恐れることがない。たとえ、あなたが死にそうだとしても。

幸せな家庭生活は、美しい夏の夕べのようだ。心は平和な気持ちで満たされ、周囲のどんなものも独自の栄えを得るのだ。

自分が醜いアヒルだと思っていたころは、こんなたくさんの幸せがあるなんて、思ってもみなかった。

次のページへ >

-西暦1800年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5