アル・カポネ 偉人

【アル・カポネ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「アル・カポネ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アル・カポネ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アル・カポネとは

アル・カポネ(英語: Al Capone、1899年1月17日 - 1947年1月25日)は、アメリカのギャング。

禁酒法時代のシカゴで、高級ホテルを根城に酒の密造・販売、売春業、賭博業の犯罪組織を運営し、機関銃を使った抗争で多くの死者を出したことでも知られている。頬に傷跡があったことで「スカーフェイス」という通り名があった。

1925年、ジョニー・トーリオが敵に襲われて引退するとアルは縄張りを譲られ、26歳にして組織のトップに立った。”酒の密売”でのし上がっていくが、その過程で次々と敵を抹殺していった。さらに“ビッグ・ビル”・トンプソンをはじめ、市議会議員、警察などの官憲を買収して勢力の拡大と安泰化を図った。1920年代のアル・カポネは、実質的に市長ともいえる存在となっていた。

参考:Wikipedia

アル・カポネの名言集

笑顔はあなたを遠ざけることができるが、銃を持った笑顔はあなたをさらに遠ざけることができる。

私がやったことは、ビールとウイスキーを最高の人々に売っただけだ。私がやったことは、非常に人気のある需要を供給しただけなんだ。

誰を友人と呼ぶのかということに注意しなさい。私は100枚の1セントよりも4枚の25セント硬貨が欲しい。

資本主義は、私たちがそれを両手で掴んでしがみつくのなら、私たち全員に素晴らしいチャンスを与えてくれる。

私の親切さを弱さと勘違いしてはならない。私は皆に親切だ。しかし誰かが私に不親切なとき、弱さとは私について思い浮かぶものではないだろう。

地獄とはとても素晴らしい場所に違いない。なぜなら宗教を発明した人々は、他の皆をそこから締め出そうと懸命に努力してきたのだから。

私は人々に欲しいものを与えているただのビジネスマンだ。

私は注目されていることにうんざりしている。もうこれ以上はいらない。それは私に悪い光を当てる。私はただ忘れられたいだけなんだ。

私はいつも暴力や銃撃には反対している。ああ、私は戦ったが平和のために戦った。

これまでの人生で強盗をしたことは一度も無い。私のしもべが私のために働いている間、誰も人から盗んだり、家に強盗をしたことはない。

私はこの地球で貧困の中を生きるよりも、裕福で強欲に生きて、死ぬときは地獄に行くほうが良い。

この国で起こるあらゆる犯罪は、私に原因があるようだ。

私はここ2年間で、競馬とサイコロによって150万ドルを失った。

何も尊敬しない人々は恐怖を恐れる。したがって、私は恐怖に基づいて自分の組織を構築した。

禁止することは、トラブル以外何も生まない。

公共サービスが私のモットーだ。

国が酒を欲していたから、私はそれを用意した。なぜ私が公の敵と呼ばれなければならないのか?

彼らは違法なお金から法的な税金を徴収することはできない。

私と共に働く人は何も恐れない。私のために働く人は報酬のためではなく、誓約を破ると何をされるかを知っているので、忠実に保たれている。

早く、そして頻繁に投票しなさい。

次のページへ >

-アル・カポネ, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5