プラトン 偉人

【プラトン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「プラトン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「プラトン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

プラトンとは

プラトン(プラトーン、古代ギリシャ語: Πλάτων、Plátōn、羅: Plato、紀元前427年 - 紀元前347年)は、古代ギリシアの哲学者である。ソクラテスの弟子にして、アリストテレスの師に当たる。

プラトンの思想は西洋哲学の主要な源流であり、哲学者ホワイトヘッドは「西洋哲学の歴史とはプラトンへの膨大な注釈である」という趣旨のことを述べた。現存する著作の大半は対話篇という形式を取っており、一部の例外を除けば、プラトンの師であるソクラテスを主要な語り手とする。

青年期はアテナイを代表するレスラーとしても活躍し、イストミア大祭に出場した他、プラトンという名前そのものがレスリングの師から付けられた仇名であると言われている。

参考:Wikipedia

プラトンの名言集

親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。

嫉妬深い人間は、自ら真実の徳を目指して努力するよりも、人を中傷するのが、相手を凌駕する道だと考える。

恋という狂気こそは、まさにこよなき幸いのために神々から授けられる。

人間のことは何にてあれ、大いなる心労に値せず。

魂には眼がある。それによってのみ、真理を見ることができる。

賢者は、話すべきことがあるから口を開く。愚者は、話さずにはいられないから口を開く。

人間の最も基本的な分類として、「知を愛する人」「勝利を愛する人」「利得を愛する人」という三つの種類がある。

音楽は、世界に魂を与え、精神に翼をあたえる。そして想像力に高揚を授け、あらゆるものに生命をさずける。

だれに対しても、不正を不正でもって、悪を悪でもって、埋め合わせしてはいけない。よしんば、その相手にどれほど苦しめられていようとである。

恋されて恋するのは恋愛ではなく友愛である。

哲学というものは、たしかに結構なものだよ。ひとが若い年頃に、ほどよくそれに触れておくぶんにはね。しかし、必要以上にそれにかかずらっていると、人間を破滅させてしまうことになるのだ。

優しくなりなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な戦いに挑んでいるのだから。

いくら学び、知識を身につけても人間は全知全能になることはできないが、学習している人間と無知な人間を比べると、天地の開きがある。

恋する者の狂乱は、あらゆる狂乱のなかで最も幸いなるものなり。

勇気とは恐れる必要がない物は何であるか分っていることだ。

季節的な現象であれ、人であれ、政治であれ、過剰な事象には一般的に反動が発生する。

政治に参加しない代償の一つは劣った者の采配を受けることになることである。

子供と動物はずいぶんよく似ています。どちらも自然に近いのです。でも子供が狡猾な猿よりも良く理解する事が一つあります。それは偉人の立派な行為のことです。

無理に強いられた学習というものは、何ひとつ魂のなかに残りはしない。

何年もたち、時が流れ、君の意見の多くが、その逆になることもあるのだよ。

次のページへ >

-プラトン, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5