西暦1800年代の偉人

【レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイとは

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(露:Ru-Lev Nikolayevich Tolstoy.ogg Лев Николаевич Толстой, ラテン文字表記:Lev Nikolayevich Tolstoy, 1828年9月9日〔ユリウス暦8月28日〕 - 1910年11月20日〔ユリウス暦11月7日〕)は、帝政ロシアの小説家、思想家で、フョードル・ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀ロシア文学を代表する文豪。英語では名はレオ(Leo)とされる。

トゥーラ郊外の豊かな自然に恵まれたヤースナヤ・ポリャーナで、伯爵家の四男として生まれる。

代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者としても知られる。

参考:Wikipedia

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイの名言集

幸福は、己れ自ら作るものであって、それ以外の幸福はない。

悔恨がないのは、前進がないからである。

強い人々は、いつも気取らない。

他人の不幸の上に自分の幸福を築いてはならない。他人の幸福の中にこそ、自分の幸福もあるのだ。

何の試練も受けていない者は、試練を受けている人に、何も教えることはできません。

愛には三種類ある。美しい愛、献身的な愛、活動的な愛。

幸福になりたいと思い、幸福になろうと努力を重ねること、これが幸福への一番の近道である。

自ら精神的に成長し、人々の成長にも協力せよ。それが人生を生きることである。

戦いに勝つのは、必ず勝とうと堅く決心した者だ。

幸せになりたいのなら、なりなさい。

まとめ

今回は「レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1800年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5