レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ 偉人

【レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイとは

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(露:Ru-Lev Nikolayevich Tolstoy.ogg Лев Николаевич Толстой, ラテン文字表記:Lev Nikolayevich Tolstoy, 1828年9月9日〔ユリウス暦8月28日〕 - 1910年11月20日〔ユリウス暦11月7日〕)は、帝政ロシアの小説家、思想家で、フョードル・ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並び、19世紀ロシア文学を代表する文豪。英語では名はレオ(Leo)とされる。

トゥーラ郊外の豊かな自然に恵まれたヤースナヤ・ポリャーナで、伯爵家の四男として生まれる。

代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者としても知られる。

参考:Wikipedia

レフ・ニコラエヴィチ・トルストイの名言集

逆境が人格を作る。

汝の心に教えよ、心に学ぶな。

学問のある人とは、本を読んで多くのことを知っている人である。教養のある人とは、その時代に最も広がっている知識やマナーをすっかり心得ている人である。そして有徳の人とは、自分の人生の意義を理解している人である。

幸福は、己れ自ら作るものであって、それ以外の幸福はない。

慈善は、それが犠牲である場合のみ慈善である。

人間にとって最高の幸福は、一年の終わりにおける自己を、その一年の始めにおける自己よりも、遥かに良くなったと感ずることである。

悔恨がないのは、前進がないからである。

謙虚な人は誰からも好かれる。それなのにどうして謙虚な人になろうとしないのだろうか。

わたしたちは踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうだめだ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。生命のある間は幸福があります。

強い人々は、いつも気取らない。

孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる。

愛とは、大勢の中からたった一人の男なり女なりを選んで、ほかの者を決して顧みないことです。

確実に幸福な人となるただ一つの道は人を愛することだ。

急いで結婚する必要はない。結婚は果物と違って、いくら遅くても季節はずれになることはない。

自分をその人より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。また、その人を自分より優れているとも、偉大であるとも思わないこと。そうした時、人と生きるのがたやすくなる。

他人の不幸の上に自分の幸福を築いてはならない。他人の幸福の中にこそ、自分の幸福もあるのだ。

もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかったろうし、自分というものを知らなかったろう。

悪に対して悪をもって報いることは、幸福を失うことである。悪に対して愛をもって報いることは、幸福を得ることである。

一番難しく、しかも最も大切なことは、人生を愛することです。苦しい時でさえも愛することです。人生はすべてだからです。

何の試練も受けていない者は、試練を受けている人に、何も教えることはできません。

次のページへ >

-レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5