ヨシフ・スターリン 偉人

【ヨシフ・スターリン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ヨシフ・スターリン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ヨシフ・スターリン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ヨシフ・スターリンとは

ヨシフ・ヴィッサリオノヴィチ・スターリン(ロシア語: Ио́сиф Виссарио́нович Ста́лин, 1878年12月18日(ユリウス暦 12月6日) – 1953年3月5日)は、ソビエト連邦の政治家、軍人(職業軍人ではない)。
ヨシフ・スターリンは1878年12月18日(ユリウス暦 12月6日)ロシア帝国支配下のグルジア(現在のジョージア国)の街ゴリに生まれた。
1953年3月1日、スターリンは寝室で脳卒中の発作で倒れた。発作は右半身を麻痺させ、昏睡状態が続いた。一時は意識を回復するも、重い障害のために意思の疎通ができなかった。4日後の1953年3月5日、スターリンは危篤に陥り死亡した。74歳没。

レーニンの死後、29年間に渡り同国の最高指導者の地位にあった。一般に広く知られている「スターリン」という姓は「鋼鉄の(人)」を意味する筆名であり、本姓はジュガシヴィリである。

参考:Wikipedia

ヨシフ・スターリンの名言集

ひとりの死は悲劇だが100万人の死は統計データとなる。

狼が怖いのなら森に近づいてはならない。

社会民主主義は客観的に見てファシズムの穏健派である。

ファシズムは、社会民主主義の積極的な支持に依存するブルジョアジーの戦闘組織である。

我々ボリシェヴィキがもっと賢かったら、もっと多くのことができただろう。

誠実な外交官、それは乾いた水や木の鉄のようなものだ(ありえない)。

投票した者が決めるのではない。投票を数える者が全てを決めるのだ。

今もこれまでも無敵の軍隊が存在しないのは歴史が証明している。

アナキスト(無政府主義者)がマルクス主義の真の敵だと我々は信じている。

労働者階級運動の社会民主主義を終わらせずして、資本主義を終わらせることは不可能である。

形式上は国民的、文脈上は社会主義的。

ブハーリンは豚だ。たった数行書くことが彼の品格を貶めると思っており間違いなく豚以下である

感謝とは犬畜生だけが患う病気である。

相違なくして力強く活発な動きは不可能だと考えている。「真の一致」は、墓地でのみ可能である。

チャーチル氏からの返事を期待してはいけない。チャーチル氏は、「全体主義、専制政治、警察支配」についての彼の抗議によって、自分がどのような馬鹿げた立場に置かれているのかを理解していない。

我々のものは正当な理由である。勝利は我々のものである!

思想は銃よりもはるかに強力である。我々は国民に銃を持たせない。なぜ彼らに思想を持たせる必要があるのか?

ヒトラーは来ては去っていくが、ドイツとドイツ国民は留まる。

反対派が武装解除すればすべてがうまくいく。反対派が武装解除を拒否すれば我々が武装解除させなければならない。

我々は外国の領土を片足ほども欲していないが、我々の領土は誰にも一寸たりとも明け渡してはならない。

次のページへ >

-ヨシフ・スターリン, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5