カテゴリー別で記事を検索

【ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディとは

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(英語: John Fitzgerald Kennedy、1917年5月29日 – 1963年11月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。第35代アメリカ合衆国大統領。在任中の1963年11月22日にテキサス州ダラスで暗殺された(ケネディ大統領暗殺事件)。

1960年アメリカ合衆国大統領選挙で民主党候補として指名を受け、対立候補の共和党のリチャード・ニクソンと歴史的な接戦の末、わずかな票差で破り合衆国大統領に当選、翌1961年1月20日に第35代アメリカ合衆国大統領に就任した。大統領就任時の年齢は43歳で、アメリカ合衆国の歴史上、選挙で選ばれた大統領としてはもっとも若い大統領であった(就任時42歳であったセオドア・ルーズベルトは選挙ではなく、副大統領からの昇格であった)。

参考:Wikipedia

ジョン・フィッツジェラルド・ケネディの名言集

楽な人生を願い求めるな。より強い人間になれるように願いなさい。

知識が増すほど、われわれの無知が明らかになる。

一人の有権者が民主主義に対して無知であることは、あらゆる安全を低下させる。

中間管理職と真のリーダーシップとの微妙な半歩の違いは、プレッシャーの下で優雅さを保てるかどうかだろう。

もし自由社会が、貧しい多数の人々を助けることができなければ、富める少数の人々も守ることができないだろう。

勝利には千人の父親がいる。だが、敗北は孤児である。

やらねばならないことをやる。個人的な不利益があろうとも、障害や危険や圧力があろうとも。そしてそれが人間倫理の基礎なのだ。

恐怖から交渉をしてはいけない。しかしまた、交渉するのを恐れてもいけない。

目的と方針がなければ、努力と勇気は十分ではない。

学問を伴わぬ自由は危険であり、自由を伴わぬ学問は空虚である。

私たちは、今までになかったものを夢見ることができる人々を必要としている。

行動にはつねに危険や代償が伴う。しかしそれは、行動せずに楽を決めこんだ時の長期的な危険やコストと較べれば、取るに足らない。

大きな失敗を恐れない者だけが、偉大なことを成し遂げる。

国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい。

私たちが抱える問題は、人間が作り出したものだ。したがって、人間が解決できる。人間の理知と精神は、解決不可能と思われることもしばしば解決してきた。これからもまたそうできると私は信じている

変化とは人生の法則である。過去と現在しか見ない人は、確実に未来を見失う。

屋根を修理するなら、日が照っているうちに限る。

中国語で書くと、危機という言葉は二つの漢字でできている。ひとつは危険、もうひとつは好機である。

人類は戦争に終止符を打たなければならない。さもなければ、戦争が人類に終止符を打つことになるだろう。

あなたの敵を許しなさい。だが、その名前は決して忘れるな。