フランツ・カフカ 偉人

【フランツ・カフカ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「フランツ・カフカ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「フランツ・カフカ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

フランツ・カフカとは

フランツ・カフカ(Franz Kafka, ときにチェコ語: František Kafka, 1883年7月3日 - 1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。
1923年4月、ウィーン大学付属病院に入院。咽頭結核にかかっていたカフカは会話を禁じられた。1924年6月3日、同地で死去。

生前は『変身』など数冊の著書がごく限られた範囲で知られるのみだったが、死後中絶された長編『審判』『城』『失踪者』を始めとする遺稿が友人マックス・ブロートによって発表されて再発見・再評価をうけ、特に実存主義的見地から注目されたことによって世界的なブームとなった。現在ではジェイムズ・ジョイス、マルセル・プルーストと並び20世紀の文学を代表する作家と見なされている。

参考:Wikipedia

フランツ・カフカの名言集

人が通ったところに、道は出来る。

わたしは自由です。だから道に迷ったのです

人生の意味とは、それが終わるということです。

あなたと世の中との戦いなら、世の中のほうに賭けなさい。

恐れをもつことは不幸だ。それゆえに、勇気をもつことが幸せなのではなく、恐れをもたないことが幸せなのだ。

無難なことからではなく、正しいことから始めよ。

悪は善のことを知っている。しかし善は悪のことを知らない。

寝て、起き、寝て、起き。みじめな人生。

青春が幸福なのは、美しいものを見る能力を備えているためです。美しいものを見る能力を保っていれば、人は決して老いぬものです。

探し求める者は見つけることができないが、探し求めない者は見出される。

悪の最も効果的な誘惑手段の一つは闘争への誘いだ。

鳥籠が鳥を探しに出かけていった。

人間のあらゆる過ちは、すべて焦りから来ている。周到さをそうそうに放棄し、もっともらしい事柄をもっともらしく仕立ててみせる。

ある地点からは、もはや立ち帰ることはできない。その地点まで到達しなければならぬ。

神はクルミを与えてくださる。でも、それを割ってはくださらぬ

精神は支えであることをやめるときに、はじめて自由となる。

知性のはじまりの最初の兆候は、死にたいと願うことだ。

信頼が失われたならば、何を語っても意味がない。

ただ詩のみが、常に真理へと到る道だ。

あなたの口のなかに食べ物がある限り、すべての問題はとりあえず解決されたのです。

次のページへ >

-フランツ・カフカ, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5