西暦1800年代の偉人

【渋沢栄一】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「渋沢栄一」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「渋沢栄一」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

渋沢栄一とは

渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、天保11年2月13日〈1840年3月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は、日本の武士、官僚、実業家、慈善家。位階勲等爵位は、正二位勲一等子爵。

江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治政府では、大蔵少輔事務取扱となり、大蔵大輔・井上馨の下で財政政策を行った。退官後は実業家に転じ、第一国立銀行や理化学研究所、東京証券取引所といった多種多様な会社の設立・経営に関わり、二松學舍第3代舎長(現・二松学舎大学)を務めた他、商法講習所(現・一橋大学)、大倉商業学校(現・東京経済大学)の設立にも尽力し、それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。また、『論語』を通じた経営哲学でも広く知られている。伊藤博文の幕末時の暗殺を暴露した人物でもある。

参考:Wikipedia

渋沢栄一の名言集

人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。

死ぬときに残す教訓が大事なのではなく、生きている時の行動が大事なのだ。

信用はのれんや見た目から得られるものではなく、確固たる信念から生まれる。

もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。

自分が信じないことは言わず、知ったからには必ず行うという思いが強くなれば、自然に言葉は少なく、行動は素早くなる。

大金持ちになるよりも、社会万民の利益をはかるために生きる方が有意義である。

自分の責任はもちろん、他人の責任までも追うことが武士道の真髄とされる。

限りある資産を頼りにするよりも、限りない資本を活用する心掛けが肝要である。

大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。

幸福は自らの力で進んでこれを勝ち取るのみだ。

まとめ

今回は「渋沢栄一」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「渋沢栄一」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1800年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5