偉人 岡本太郎

【岡本太郎】の名言集|名言まとめドットコム

この瞬間、瞬間に、若さとか、年よりとか、力があるないとか、才能とか、金とか、あらゆる条件を超えて、その持てるぎりぎりいっぱいの容量で挑み、生きるということだ。

むかしの夢によりかかったり、くよくよすることは、現在を侮辱し、おのれを貧困化することにしかならない。

僕は流れるって感じが好きなんだ。固定したものは全然つまらない。人生だってそうだろう?いつも流動的で、何が起こるかわからない。だから面白いんだ。

下手のほうがいいんだ。笑い出すほど不器用だったら、それはかえって楽しいじゃないか。

自分の中にどうしても譲れないものがある。それを守ろうとするから弱くなる。そんなもの、ぶち壊してしまえ!

信念のためには、たとえ敗れると分かっていても、おのれを貫くそういう精神の高貴さがなくて、何が人間ぞと僕は言いたいんだ。

自分が何をやりたいか、何を伝えたいかが分かっていたら、技術は後からついてくる。

自分の価値観を持って生きるってことは嫌われても当たり前なんだ。

大体、いちばん素晴らしい絵を描くのは四、五才くらいの子どもだよ。

不動のものが価値だというのは自分を守りたい本能からくる錯覚に過ぎないんだよ。破壊こそ創造の母だ。

流行なんて、文字どおり流れていく。

恋愛だって芸術だって、おなじだ。一体なんだ。全身をぶつけること。そこに素晴らしさがある。

ぼくは口が裂けても、アキラメロなどとは言わない。

自分の打ったボールがどこへ飛ぼうがかまわない。スカッと飛びさえすれば、いい気持ちなんだ。

他人のものはもちろん、たとえ自分の仕事でも、なぞってはならない。

猛烈に自分を強くし、鋭くし、責任をとって問題を進めていく以外にない。

恋の始まりは瞬間でも、つきあいが長引くかどうかは、美醜よりも人間味にかかわる問題だ。

愛の前で自分の損得を考えること自体ナンセンスだ。そんな男は女を愛する資格はない。

自分の好きな音を勝手に出す、出したい音を出したらいい。

愛をうまく告白しようとか、自分の気持ちを言葉で訴えようなんて、構える必要はない。きみの体全体が愛の告白なのだ。

次のページへ >

-偉人, 岡本太郎

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5