チャールズ・ロバート・ダーウィン 偉人

【チャールズ・ロバート・ダーウィン】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「チャールズ・ロバート・ダーウィン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「チャールズ・ロバート・ダーウィン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

チャールズ・ロバート・ダーウィンとは

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑːlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、 イギリスの自然科学者。
1809年2月12日にイングランドのシュロップシャー州シュルーズベリーにて、6人兄弟の5番目の子供(次男)として生まれた。父方の祖父は高名な医師・博物学者であるエラズマス・ダーウィンであり、母方の祖父は陶芸家・企業家であるジョサイア・ウェッジウッドである。

エディンバラ大学で医学、ケンブリッジ大学でキリスト教神学を学んでいるときに自然史への興味を育んだ。5年にわたるビーグル号での航海によって、チャールズ・ライエルの斉一説を理論と観察によって支持し、著名な地理学者となった。またその航海記によって人気作家としての地位を固めた。

参考:Wikipedia

チャールズ・ロバート・ダーウィンの名言集

一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

有利な個々の変異を保存し、不利な変異を絶滅すること。– これが自然淘汰である。

私は名声を得るために自分の道から1インチなりともはずれたことはなかった。

生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。

私は、できるだけ一生懸命に、できるだけよくやったのだ。誰もこれ以上にはできない。

無知というのは、しばしば知識よりも確信に満ちている。科学によってこれやあれやの問題を解決することは絶対にできないと主張するのはきまって知識がない人である。

この理論が受け入れられるのには種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

科学者は希望や愛情を捨てて、石の心を持つべきだ。

ブランデーを飲んで酔っ払ったことのあるアメリカザルは、もう二度とそれに手をつけようとはしない。人間よりはるかに頭がいいということだ。

愚者の実験が好きで、私は常にそれを行っている。

死ぬことは、ちっとも怖くない。

原因を探求し続ける力が、人を発見者にする。

自然淘汰とは、有用でさえあれば、いかに小さな事であろうとも、保存されていくという原理である。

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

1時間を無駄に過ごすような人間は、まだ人生の貴重さを発見していない。

最も強いものでも、最も知的なものでもない。生き残る種とは、変化に最もよく適応したものである。

私は、事実を観察し結論を導くための機械のようになっている。

個々の種が単独で作られたという平凡な見解では、科学的な説明は得られない。

動物を支配する者としては、我々人間と動物を等しい存在として考えたくはないものです。

すべてのものの始まりの謎は私たちには説明できない。 自分としては証明しきれないものとして満足しなければならない。

次のページへ >

-チャールズ・ロバート・ダーウィン, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5