ソクラテス 偉人

【ソクラテス】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ソクラテス」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ソクラテス」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ソクラテスとは

ソクラテス(ソークラテース、希: Σωκράτης、英: Socrates、紀元前469年頃 - 紀元前399年)は、古代ギリシアの哲学者である。釈迦、キリスト、孔子と並び四聖人(四聖)に数えられる。

ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポンなどの著作を通じ知られている。

アテナイに生まれ、生涯のほとんどをアテナイに暮らした。彼はペロポネソス戦争において、アテナイの植民地における反乱鎮圧としてのポテイダイア攻囲戦、ボイオティア連邦との大会戦デリオンの戦い(英語版)で重装歩兵として従軍した(アルキビアデスは騎兵として参加、当時の回想が『饗宴』に書かれている)。青年期には自然科学に興味を持ったとの説もあるが、晩年は倫理や徳を追求する哲学者としての生活に専念した。

参考:Wikipedia

ソクラテスの名言集

富は良心をもたらさない。しかし良心は、富ばかりでなく、望まれるもの全てを、個人にも国家にももたらすのである。

人間の最大の幸福は、日ごとに徳について語りうることなり。魂なき生活は人間に価する生活にあらず。

人間は自己の監獄の戸を開く権利なき囚人なり。人間は神が召還するまで待つべきであり、自己の命を奪うべきにあらず。

われわれは自分の意見や人の意見で勝利を確かにするためにだけ努力しているのではない。真理と偽りのない真実のために闘うべきなのである。

あなたに対して褒め言葉しか言わない人間は信頼するに値しない。間違いを指摘してくれる人こそ信頼に値する人物である。

とにかく結婚したまえ。良妻を持てば幸福になれるし、悪妻を持てば哲学者になれる。

出発の時間がきた。そして、私たちはそれぞれの道を行く。私は死ぬ、あなたは生きる。どっちが良いのかは神だけが知っている。

金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼をほめてはいけない。

生きるために食べなさい。食べるために生きるようになってはいけません。

人間に関することに安定などないことを忘れてはならない。それゆえに、繁栄している時には過度の喜びを避け、逆境にある時には過度の落ち込みを避けなさい。

一番小さなことでも満足できる人が一番裕福である。何故なら満足を感じることが自然が与えてくれる富だからだ。

本をよく読むことで自分を成長させていきなさい。本は著者がとても苦労して身に付けたことを、たやすく手に入れさせてくれるのだ。

幼にして謙遜なれ。弱にして温和なれ。壮にして公正なれ。老いては慎重なれ。

良い評判を得る方法は、自分自身が望む姿になるよう努力することだ。

私が知っているのは、自分が何も知らないということだけだ。

われはアテネ人にあらず、ギリシア人にあらずして世界市民なり。

唯一の真の英知とは、自分が無知であることを知ることにある。

少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。

他人からされたら怒るようなことを人にしてはいけない。

良い本を読まない人は、字の読めない人と等しい。

次のページへ >

-ソクラテス, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5