紀元前の偉人

【ヘロドトス】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:オモシロ世界史百科事典

今回は有名な「ヘロドトス」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ヘロドトス」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ヘロドトスとは

ヘロドトス(ヘーロドトス、古希: Ἡρόδοτος, Hēródotos、羅:Herodotus、生没年不詳)は、古代ギリシアの歴史家である。歴史という概念の成立過程に大きな影響を残していることから、歴史学および史学史において非常に重要な人物の1人とされ、しばしば「歴史の父」とも呼ばれる。

彼が記した『歴史』は、完本として現存している古典古代の歴史書の中では最古のものであり、ギリシアのみならずバビロニア、エジプト、アナトリア、クリミア、ペルシアなどの古代史研究における基本史料の1つである。

生没年は不詳であり、生年は大雑把に前490年から前480年までの間とするのが定説である。前484年説がしばしば採用されるが、明確な根拠を伴ったものではない。没年は前430年以降であることは明白であるが、これも正確には不明である。概ね前490年-前480年の間に生まれ、前430年から前420年の間に、60歳前後で死亡したとするのが一般的である。

参考:Wikipedia

ヘロドトスの名言集

無知ほど恐ろしいものはない。

人間というのは、いつも真面目に働き、楽しみや安らぎをまったく味わわずにいると、いつの間にか心を病んでしまう

自分がいろいろの事を知りながら無力なためにそれをどうにもできぬことほど悲しいことはない

神に愛される者達は薄命である。

楽しむこともくつろぐこともせずに常に真面目にあろうとすれば彼は知らず知らずのうちに怒りっくなり不安定になってしまうだろう。

これは、ハリカルナッソスの人ヘロドトスの調査・探求(Ἱστορίαι ヒストリエー)であって、人間の諸所の功業が時とともに忘れ去られ、ギリシア人や異邦人(バルバロイ)が示した偉大で驚嘆すべき事柄の数々が、とくに彼らがいかなる原因から戦い合う事になったのかが、やがて世の人に語られなくなるのを恐れて、書き述べたものである。

酒を飲めば、言葉に羽が生えて、傍若無人に飛び回る

急ぎは失敗の母である

この世でもっとも貴重なものは何か。私は友人と答える。

まず人間の運命は車輪のようなもので、くるくると廻りつつ、同じ者がいつまでも幸運であることを許さぬものだということをご承知なさいませ

得られるもの。それはすべて、冒険の果実です。

このようなエジプト人の話は、そのようなことが信じられる人はそのまま受け入れればよかろう。本書を通じて私のとっている建前は、それぞれの人の語るところを私の聞いたままに記すことにあるのである。

嫉妬は人間に生まれつき具われるものなり

大きな取引にはふつう、大きな危険が伴う

偉大なことは大いなる困難から勝ち取るものです。

起こるかもしれないことを恐れて何もしないよりたとえ良くない結果に終わったとしても大胆になって危険を冒す方がいい。

エジプトはナイルの賜物

病気になる時というのはたいてい変化に襲われた時だ。

中傷される人間は二重に傷つけられる。第一に、中傷を言う人間によりて、第二には、中傷を信ずるものによりてなり

自尊心は愚者の持ち物なり

次のページへ >

スポンサーリンク

-紀元前の偉人

© 2022 名言まとめドットコム