芸能人・タレント、YouTuber

【伊沢 拓司】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:WATANABE ENTERTAINMENT

今回は有名な「伊沢 拓司」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「伊沢 拓司」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

伊沢 拓司とは

伊沢 拓司(いざわ たくし、1994年5月16日- )は、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズを題材としたウェブメディア『QuizKnock』を運営している株式会社QuizKnock代表(CEO)。ワタナベエンターテインメント(オフコース)所属。身長170cm。血液型はB型。

暁星小学校、開成中学校・高等学校を経て、東京大学経済学部を卒業。東京大学大学院農学生命科学研究科農業・資源経済学専攻修士課程中退。中学時代より開成学園クイズ研究部に所属。第18回高校生オープンで史上初となる中学生(当時中学3年生)での優勝を果たした。その後、 高校1年生時に日本テレビのクイズ番組『全国高等学校クイズ選手権』の第30回大会(メンバー:田村正資、大場悠太郎、伊沢拓司)に出場し、開成高校を初優勝へと導いた。

2017年には同名のYouTubeチャンネルを開設し、動画への出演や企画等も行っている[6]。また、2018年4月よりワタナベエンターテインメントに所属し、タレントとしても活躍。
2019年1月、東京大学大学院からの中途退学を機に東大王チームから卒業することを番組内で発表し、3月20日の放送をもって東大王チームを卒業した。同年4月からは番組の解説役に加えて、芸能人チームの助っ人としても出演している。

参考:Wikipedia

伊沢 拓司の名言集

落ち込んだ時に見る名言6選

無知を恥じず、無知に甘えることに恥じる。

成せば成る、挑戦無くして成功なし

決しておごらない、やるべきことをやる、正しい行いをする、恐れずに挑戦する。こうした行動指針はすべて小学校で身に付けたものです

もし落ちこぼれたら上がっていけばいい。

1回落ちたものが浮上しないということはないので、落ちこぼれることを恐れる必要はありません。

失敗は転ぶことではなく

起き上がらないこと

点数は努力を反映してくれない。

成長したい時に見る名言12選

ランキングは1回の戦いの勝敗付けでしかない、一過性のものです。受験が終わった直後からも状況・順位は常に変動し続けています。

状態に満足しているのは非常に良くない。勝負の結果がいつまでも続いているようなランキングに依存するのではなく、戦いに勝ち続けることに依存しましょう。

学校での勉強は受験勉強のツールではなく、趣味や教養のプラットホームのようなものだと考えています。

僕は音楽の授業からギターを始めましたし、テーブルマナーなんて家庭科でやらなかったら大学入って恥かいてたと思います。踏み出しづらい1歩を促してくれる、貴重な機会だと思います。

増やした勉強時間は点数に結びつくものでなければならない。 減らした時間は点数を増やすために有効なものでなければならない

成長は「ギリギリ出来ない問題」でこそ得られます。

ムズすぎたら解く前に覚えるべきことがありますし、カンタンすぎるのは何度もやらなくていいことですからね。

ですので、その時の自分にとってギリギリわかるかわからないかというところを、

マスターするまで反復するのが良いと思います。

増やした勉強時間は

点数に結びつくものでなければならない

減らした時間は点数を増やすために

有効なものでなければならない

僕は受験生だ。受験生という職業なのだ。

対策とは何か。それは相手を分析し、自分を分析し、適切な対処法を取ることです。受験でも、クイズ番組でも、根本は同じだと言えます。

マイペースでいいんだ。

ただそのマイペースが、 自分を甘やかすペースではなくて、

自分を律するペースであるということが大事

試験が2日にまたがっていたり、試験間の時間が空いたりしていても

自己採点はしない方がいいです。

自己採点で安心することはほとんどありません。

点数が詳らかになるとマイナスになることの方が多いです。

塗り間違えで点数が上がることもあるので、自己採点はやめましょう。

万人に当てはまる「理想の勉強法」などは存在し得ないのです。

「目的」が達成されれば、「手段」はどれを選んでも構わない。
ただただがむしゃらに量をこなしても、方向性が間違っていたら永遠に合格には届きません。逆に勉強法を適切に選択すれば、理想論ですが最小限の努力で合格にたどり着けます。

これこそが、合格のために不可欠な努力の方向性=「勉強法」なのです。

ノートは基本的に後で見返すために取るものなので

作業的にならないように。

後で自分で見た時に、どれだけ時間をかけずに授業の内容を復習できるかに要点を置くのがいいと思います。

徹底して「どう使うか」にこだわり、そこから「どれを覚えるか」「どう覚えるか」へ発展させていくことが、暗記をする上で必要な意識です。

蛍光の傾向を掴むことが大事だ

勇気が欲しい時に見る名言6選

嫌いな科目を勉強する気が起きない時は「やるぞー!」と一気にやるのではなく、

好きな科目から始めて勢いがついてきたら少しだけやる、という方法から始めるといいと思います。

動きづらい車輪ほど動き始めるとグリグリ回りますからね。

放っておくとより動かなくなるので気をつけましょう。

点数を安定させ、自分の努力をプラスに反映させるのに必要な「基礎の完成」。そうそう甘くはありません。教科書を丁寧に追い理解することをナメない。そこがスタートです。

人を下だと思ってはいけません。

どうしても◯◯が得意・苦手というのはありますが、

その人にその形式で負けたとしても、それは自分に反省点がありますよね。

テストの点数で抜かれたなら、それはそれだけ相手が努力をしてきたということです。

あなたの"足"にかかっているのは

一人分の体重だけです。

あなたを応援してくれる家族や友達、

支えてくれた人たちは、

あなたの"上"に乗っかっているのではなくて

あなたを"後ろから"そっと押してくれる存在ですよ。

人間の脳は危機が迫っていると感じると、体をそれに合わせた状態にしてくれることがあります。もちろん試験当日に絶好調だと思えるのがベストですけど、そうでなくても、それが自分にとって丁度いいと体が判断したのかもしれないと捉えて、焦らないことが大事です。受験はメンタルです。

間違えたものを放置してしまうのが一番もったいないですし、正解した問題も自信があって正解したのか自信なくてたまたま合っていたのかで全然違ってきます。自分がどう考えたのかを見つめるのはとても大事かなと。自信満々にできるということに凄く意味があるのかなと思います。

自信がなくなった時に見る名言12選

どこまで勉強したとか、テストで何点取れたとかは、 結果に過ぎなくて、それは実力ではないんです。

結果は実力を反映するものですけど反映しきれるものとは限らないので 自分の中でどれだけ覚えているかっていう実感を大切にしてください。

受験というものは大きな目標に対して長期的にアプローチしていくプロジェクトです。なによりもまず途中でガソリンが切れないようにしなければなりません。

問題の量が多くなるほど振り返りをしなくなるんですけど、1回解いた問題には自分の傾向が表れるので、とても大事な財産です。大事なのは、わからないことや間違えたことを放置しないこと。最低限わからないということだけでもわかっておくというのが、高校の難しい勉強への対処方法です。

問題を解く順番、マークシートの塗り方、マークずれが起きてしまった時のリカバリー方法などは予め決めておきましょう。もし本番で解く順番を変えた場合でも、イレギュラーだと把握しているだけで迷いや焦りは軽減されます。人によって異なりますが、1つのやり方を徹底してください。

どこまで勉強したとか、テストで何点取れたとかは、結果に過ぎなくて、それは実力ではないんです。結果は実力を反映するものですけど反映しきれるものとは限らないので、自分の中でどれだけ覚えているかっていう実感を大切にしてください。

あなたは何というコードネームで呼ばれていますか?あなたがもし何かに巻き込まれた時、そのコードネームを伝えてくれれば私達が助けに行きます、必ず!(笑)

大事なことは始める時期ではなく、継続し続けられるかです。早く始めてもダラダラやったら意味がないですし、短期間でも集中していれば伸びることもあります。合格に100%はありません。適切な努力を適切なタイミングですることが鍵になるはずです。

皆さんがどう楽しむかについては当然我々は干渉できません。ですからどう楽しんで頂いても構いません。僕たちはただただこれからも、僕たちが信じた面白い作品を作り続けていきます。一緒にQuizKnockという文化、「楽しいから始まる学び」という文化を作っていきましょう!

量と質の両立。つまりは、密度の高い勉強をなるべくたくさんこなすこと。これが勉強の一つの理想形です。理想を実現するのは大変に困難ですが、理想を思い描くことで、なるべくそれに近付こうとする方向性をイメージすることは可能です。

大学を決めるにあたっての志は後付けでもいいと思います。だって、志がなかったらダメなんて決まってないでしょ?目的は何だっていいんですよ、後から付いてくることもあるし。大学に入る前はその環境の半分もわからないですからね、わかってから色々考えればいいと思います。

いろいろな勉強法に迷うことは当然あります。これで良かったのかと、ふと立ち止まってしまうこともあります。しかしそんなとき、「これは自分が決めたことだ」ということを忘れなければ、続けるなり変えるなりといった新しい決断の背中を、むしろその覚悟自身が押してくれるはずです。

Q. 好きな四字熟語は?

A. 「伊沢拓司」

ピンチの時(焦っている時)に見る名言8選

(暗記の)テーマは「再現」です。完全な再現ではありませんが、構造を覚え、試験会場で正しく思い出せるような覚え方をしなければなりません。

今振り返ると、受験勉強は、その後の僕の人生に役立ったと思います。 自分を目標の前に立たせ、攻略法を考え、自己分析で弱点を直視し、一日一日進んでいく。

その過程で、今後の人生での難題への向き合い方を、わずかばかりでも知ることができた、そんな気がします。

大事なことは始める時期ではなく、継続し続けられるかです。 早く始めてもダラダラやったら意味がないですし、短期間でも集中していれば伸びることもあります。

合格に100%はありません。 適切な努力を適切なタイミングですることが鍵になるはずです。

クイズをやるメリットなんて考えたりしてない。クイズ自体が楽しいから。

センター試験は自分の中の弱い部分と闘って、なるべく点数を最大化して、気持ちを前向きに持っていった人間が勝利するゲームなので、慌てても何もいいことはないです。

適度な緊張感と自信を持って、1個でも多くの解答欄をマークすることができれば、予想外の結果が訪れるかもしれません。

問題がわからなかったりミスをして焦った時の切り替え術は事前に決めておきましょう。

深呼吸をする、目を閉じる、手に人という漢字を書いて飲み込むなど、何でもいいです。

1つの科目でミスしても他の科目には影響しないので、普段通りの自分を作り出すルーティンを用意しておきましょう。

受験の最後は個人戦だと思って“合格”という最大の目的を見据えたら、何の役に立つかなんて言ってられないわけですよ。

だからこそ周りにいる人はその人にとって悪い環境を作らないようにするのがあるべき務めです。

他人事だからこそ、全力で話を聞くのが焦点になってくると思います。

漢字文化に感謝しながら今日も歩まなければいけないなと思います。

まとめ

今回は「伊沢 拓司」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「伊沢 拓司」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-芸能人・タレント、YouTuber

© 2023 名言まとめドットコム