西暦1900年代の偉人

【ウィリアム・ジェームズ】の名言集|名言まとめドットコム

正常とは何かを理解する最良の方法は、異常について学ぶことである

優柔不断以外の習慣を持たない人間ほど惨めなものはない。

世界はつねに、勇気ある者のための劇場である。

人生は価値あるものだと信じなさい。そうすればあなたのその信念が、人生は価値あるものだという事実を生み出すでしょう。

自分の行ないが変化をもたらすかのように行動しなさい。それが変化をもたらすのだ。

どんなに金言名句をたくさん知っていても、どんなに良い気質を備えていても、機会が来るたびに具体的に行動に出なければ、人格は少しも向上しない。

できるかどうか分からないような試みを、成功させるただひとつのものは、まずそれができると信じることである。

人生をもっとも偉大に使う使い方というのは、人生が終わってもまだ続くような何ものかのために、人生を使うことである。

自分の偏見を組み立て直しているに過ぎないのを、「思考」していると勘違いしている者が、非常に多い。

所有の本能は人間の本能の基礎である。

不快な状況に対峙するなかれ。我慢ならなくとも、受け入れよ。そうするよう心掛ければ、うまくいく。

世界を動かす力は、あなたの潜在意識の中にある。

祈りは宗教を行動に表したものだ。つまり、祈りこそ真の宗教である。

習ったことを一生忘れない人間は、仕事を必ずやり遂げ、一生向上を続ける。一方、他の連中は、昔習ったことを学び直すのに一生の大半を費やし、どうにかこうにか面目を保っている。

文明は流血の戦場の上に構築されていて、個々の人々の生存は、ひとりぼっちの断末魔の苦しみの中へ消えてゆく。

どんな計画であれ、重要な要因は、あなたの信念だ。信念なくして立派な結果が出ることはない。

人生は生きるに値するか?それはひとえに肝臓にかかっている。

われわれの持つ可能性に比べると、現実のわれわれは、まだその半分の完成度にも達していない。われわれは、肉体的・精神的資質の、ごく一部分しか活用していないのだ。

物事をあるがままの姿で受け入れよ。起こったことを受け入れることが、不幸な結果を克服する第一歩である。

楽しかった思い出ほどわびしいものはない。苦しかった思い出ほど楽しいものはない。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム