西暦2000年代の偉人

【カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:THE ANSWER

今回は有名な「カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニアとは

モハメド・アリ(Muhammad Ali [muˈhɑməd ɑːˈliː]、1942年1月17日 - 2016年6月3日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサー。ケンタッキー州ルイビル出身。本名はカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニア(Cassius Marcellus Clay Jr.)。アフリカ系アメリカ人だが、イングランドとアイルランドの血も引く。元WBA・WBC統一世界ヘビー級チャンピオン。

彼は小学生の頃、父親から誕生日にプレゼントにもらった自転車を宝物にしており、それに乗ってよく近所にポップコーンとアイスクリームをもらいに行っていた。ところが、ある日、誰かに自転車を盗まれ、警察に行った際に対応した警官がボクシングジムのトレーナーもしており、彼に犯人に鉄拳制裁を加えるという意味でボクシングを勧め、その警官のボクシングジムに入った。これが、モハメド・アリがボクシングを始めたきっかけになった。

参考:Wikipedia

カシアス・マーセラス・クレイ・ジュニアの名言集

リスクを取る勇気がなければ、何も達成することがない人生になる。

私は、偉大だ。そう知る前からずっと自分は偉大だと言っていたよ。

人間が困難に立ち向かう時、恐怖を抱くのは信頼が欠如しているからだ。私は私を信じる。

1日1日を無駄に消費せず、毎日を価値あるものにせよ。

あまりにも順調に勝ちすぎているボクサーは、実は弱い。

他者に貢献することは、この地球でのあなたの居場所に払う家賃である。

不可能とは、自らの力で世界を切り開くことを放棄した臆病者の言葉だ。不可能とは、現状に甘んじるための言い訳にすぎない。不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。不可能とは、誰かに決めつけられることではない。不可能とは、可能性だ。不可能とは、通過点だ。不可能なんて、ありえない。

頭で考えることができ、心で信じることができるなら、それは実現できることである。

人間として大きくなればなるほど、それをあえて他人に証明する必要は無くなるのです。

殺すに値しない限り、私がリングで誰かを殺す理由はない。

私ほど偉大になると、謙虚になることは難しい。

負けることを考えたことはなかったが、それが起こってしまった今、それを認めるしかない。それが私を信じるすべての人々への私の義務である。私たちは皆、人生の中で敗北しなければならない。

チャンピオンはジムで作られるものじゃない。彼らの奥深くにある「何か」で作られるんだ。例えば願望、夢、ビジョン。そのためにはどんな土壇場でも耐えるスタミナと、少しばかりのすばしっこさ、そして技術と意志が必要だろう。だが意志の力はどんな技術よりも更なる強さを与えてくれる。

私は若く、ハンサムで、速い。倒されるのは不可能に近い。

私は神話を作り、神話の中で生きる

あなたを疲弊させるのは、目の前に立ちはだかる山ではない。靴の中の小石だ。

私が心から恐れるのは神の法だけだ。人が作った法はどうでもいいと言うつもりはないが、私は神の法に従う。何の罪も恨みもないべトコンに、銃を向ける理由は私にはない。

毎日を、最後の日であるかのように生きよう。 いつか必ず、それは本当になるのだから。

あなたが、私に対して、なって欲しいという者に、私はなる義務がない。

それを証明できるのであれば、大口をたたいても大言壮語とはならない。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム