西暦1700年代の偉人

【アイザック ニュートン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:National Geographic

今回は有名な「アイザック ニュートン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アイザック ニュートン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アイザック ニュートンとは

サー・アイザック・ニュートン(英:Sir Isaac Newton、1642年12月25日 - 1727年3月20日、グレゴリオ暦:1643年1月4日 - 1727年3月31日)は、イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者、神学者。

主な業績としてニュートン力学の確立や微積分法の発見がある。1717年に造幣局長としてニュートン比価および兌換率を定めた。ナポレオン戦争による兌換停止を経て、1821年5月イングランド銀行はニュートン兌換により兌換を再開した。

参考:Wikipedia

アイザック ニュートンの名言集

諸物の多様さと混乱のうちにではではなく、つねに単純さのうちに真理は見出される。

神はすべてを数と重さと尺度から創造された。

目の前には手も触れられていない真理の大海原が横たわっている。だが、私はその浜辺で貝殻を拾い集めているに過ぎない。

真実は、多様さや混乱の中でなく、つねに単純さの中から見いだされる。

計算に夢中になっていて、さっき食べたのを忘れていた

配慮ができる人間は敵を作らずに自分を主張する。

成し遂げたいことを常に思い、考えること。これが成功するために必要なことだ。私たちの人生はそれぞれの思想で作られていくのだから。

一生を振り返ると私は砂浜できれいな貝がらをひろって喜ぶ小さな子供にすぎない

あがったものは必ずさがってくる。

太陽、惑星、彗星からなる最も美しい系は、知性と力ある存在の配慮と支配によってのみ発生しえた。

たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめるほうが安全である。賞賛は非難ほど反発されないし、少なくとも嫌がられないからだ。

もし私が価値ある発見をしたのであれば、それは才能ではなく忍耐強く注意を払っていたことによるものだ。

人間は事実に反することを想像してもよいが、事実しか理解することはできない。事実に反することを理解したとしても、その理解は間違っている。

神の叡智は、創造の業の中に現れている。

如才のなさとは敵を作らずに自分を主張することである。

私の力は普通のものだ。私の応用力こそが成功をもたらした。

(新しい集団に入ったら)人と語るときは「それは、こういうことですか」、「こういうことではありませんか」といった言いまわいを多く用い、押しつけがましく断言しない。新参者は教わるべきであり、人に教えるべきではない。その上、このやり方でいけば、相手に対する敬意をわかってくれるし、相手は知っていることを気軽に教えやすくなる。これがもし高飛車に出れば、相手に軽蔑され口論を招くだけである。

年がら年中、そのことばかりを考えていただけです。

宗教は、部分的には根源的で不変だが、部分的には付随的で可変である。

他人を引き合いに出してほめるのは、避けたほうがよい。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1700年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム