西暦1900年代の偉人

【宮沢賢治】『注文の多い料理店』の著者の名言集

求道 すでに道である

無意識から溢れるものでなければ、多くは無力か詐偽である

すべてあらゆるいきものはみんな気のいい、かあいそうなものである。けっして憎んではならん

優秀な人間は議論や分析が先行し、それで終わってしまうことが多い。行動に移さねば意味がない

さあなみだをふいてきちんとたて もうそんな宗教風の恋をしてはいけない

風からも光る雲からも 諸君にはあたらしい力が来る

わたくしのこんなさびしい考は みんなよるのためにでるのだ

正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである

日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず苦にもされず そういうものにわたしはなりたい

我々ができることは、今を生きることだけだ。過去には戻れないし、未来があるかどうかも定かではない

まとめ

今回は「宮沢賢治」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「宮沢賢治」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム