アイドル 芸能人・タレント

【櫻井翔】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「櫻井翔」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「櫻井翔」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

櫻井翔とは

櫻井 翔(さくらい しょう、1982年〈昭和57年〉1月25日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント、司会者、キャスター。男性アイドルグループ・嵐のメンバー。
群馬県前橋市生まれ、東京都港区育ち

1999年に嵐のメンバーとしてデビューしてから約半年後、大学に進学。芸能活動を続けながら慶應義塾大学経済学部を卒業した後は嵐での活動と並行して個人の活動を徐々に増やしつつ、キャスターや司会者など活動の幅を広げている。2010年代には、CM起用社数ランキングなど企業の発表するさまざまなランキングで上位の常連となっている。

参考:Wikipedia

櫻井翔の名言集

ライバル? いや、よそのことなんか気にしたこともないです

当然、選択肢として1人が休んでも嵐です、という形もあったが、5人じゃないと嵐じゃないという選択をとった

「無理しないでね」人は言うかもしれません。死ぬほど無理してください。別に死にゃしないから

負け続けるってことは必ずしも負けを意味することじゃないよ

嵐のメンバーといるときが幸せなんだよ、 結局……

100やっといてさ、それでもダメだったら納得出来るけど、やってないで出来なかった時って言うのは、もう…どうにもならないからさ。自己嫌悪っぷりがさ。だから、やっておく事はやっておく。その後で後悔したいって事。

ちょっとかじったくらいじゃ才能があるかなんて分からない。限界まで努力して行ってその先に才能があるんだって。

才能があるかどうかっていうのは、努力の限界まで行ってみないと分からない

日に日に、”時”はせまってきている。日に日に、”時”が削られていく。ひとつひとつが、きっと最後

人生是一方通行。どうか。ただ前だけを

あっははは。短い、短い。いや、短かったですね

オレの経験がもしかしたら友達の役に立つかもしれない

この世界でやっていくことに迷いはなかったよ

正直『24時間テレビ』をやることを聞かされたときは不安だったんだよ

世界に向けて日本な文化を発信する立場に任命されとても光栄ですね

学生の頃に2回、連続ドラマに出させていただいて、それが試験と被っていたので今思うと当時は試験とドラマの両立が大変でしたね

みんなに好かれようとニコニコ笑って来年消えゆくくらいなら、誤解を恐れずに大事なものを貫きたい。そこで離れていく人がいたとしても

みんなの大好きな嵐のイメージに引っ張られて、自分たちを見失わないようにしたい

真ん中に座って、番組を任されるのがゴールだなって

嵐について、別なベクトルから意見を言い合える、両輪って感じはしますよね

次のページへ >

-アイドル, 芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5